パリッとした食感と漂う燻製の香り!燻製ソーセージの作り方

今回は燻製ソーセージを作ってみました。
ソーセージの燻製をするには先に火を通しておいて軽く燻製するか、時間を長めにして燻製をしながら火を通すやり方があります。

今回は調理工程を少なくするため後者の時間を長く取る方法でやってみました。

使用器具

今回は、熱燻で作ることにしました。
使用するのは燻製鍋とスモークチップでOKです。

東彼セラミックス(Tohi Ceramics)
¥4,560 (2019/10/17 23:08:02時点 Amazon調べ-詳細)

肉類の燻製なのでスモークチップはサクラにしてみました。
ヒッコリーでも良さそうですね。

進誠産業
¥392 (2019/10/18 15:03:56時点 Amazon調べ-詳細)

調理方法

材料

使うのは市販のソーセージです。

シャウエッセン
¥498 (2019/10/17 23:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

つくり方

まずは燻製をはじめる前に風乾をします。
キッチンペーパーで表面の水分を拭き取ってから30分ほど風乾をしました。

34302043325 f384d52639 b

燻製鍋にスモークチップを敷き詰めます。
量としては標準的な25gで十分でしょう。

網を置いて強火で加熱して煙が出たら弱火にします。
時間としては大体3分ぐらいで煙が立ってきます。

ソーセージを半分ほどの長さに切って網に乗せます。
これは乗らなかった都合なので短いタイプであればそのまま乗せてしまってOKです。

燻製時間は30分にしてみました。

34302043545 40a59ea948 b

30分経ったので取り出してみたところです。
いい感じに色がつきました。
少し空気にさらします。

33460421404 518ebf6a85 b

食べてみると燻製の香りが良い感じです。
普通の市販品でもそれっぽくなるのが燻製のいいところですね。
そのまま食べてもいけますがマスタードなどを付けても美味しいです。

34302151225 06ee2fda1a b

今日のまとめ

燻製時間が短いと中まで熱が通らず半生っぽい感じになります。
そのままでも食べられるタイプであれば問題ないですが心配なようであれば事前にフライパンで火を通しておくと良いでしょう。
油を引かずに軽く焦げ目がつくぐらいまで火を通してそのまま燻製鍋に入れればOKです。
その場合は薫香をつけるだけで十分なので燻製時間は10分〜15分ほど燻製すれば大丈夫です。

燻製のやり方にも種類がある!最初は「熱燻」がオススメ
¥638 (2019/10/18 15:03:56時点 Amazon調べ-詳細)