[S] 育児休業について調べてみました

子どもが1人のときは良いですが2人目が生まれるとなると、生活がだいぶ変わってきます。
我が家も2人目が生まれるということで今後の方針について家族で話し合いました。

1人目の子どもがいる状態で2人目の面倒を見るのは難しいよね。
オギシ
赤ちゃんが泣いたときに連鎖反応するかもしれないからね。
どちらの親もまだ働いているから里帰り出産しても、そういう状況になっちゃう。
オギシ
さて、どうしたものやら。
じゃあ、いっそ育児休業とってよ。
オギシ
ウチの会社って取れるのかな。調べてみるよ。

ということで育児休業について調べてみました。

育児休業とは

そもそも育児休業とはどういう制度でしょうか。
厚生労働省のHPではこちらに記載がされています。
詳細は厚生労働省や様々なHPにちゃんとした説明が書いてあるのでざっくり書くと

  1. 1年以上同一の会社で働いている有期契約労働者が最大1年休むことが出来る。
  2. 共働きの場合は、最大1.6ヶ月まで延長することが出来る。
  3. 育児休業で休んだ人に対して、不利益な取扱いを⾏うことは違法

という制度です。概要を知りたいときはこのパンフレットを見ると良いでしょう。

男性の取得率は?

またもや厚生労働省のHPに取得率に関する調査資料が掲載されています。こちらによると、
男性の育児休業取得率は平成27年度でわずか2.65%です。
ちなみにこの資料は掲載資料の初めが平成8年からですが、
平成27年度の2.65%はなんと過去最高の数値です!
いかに男性が育児休業を取得できないかを表しています。
ちなみに東京都産業労働局の調査では平成22年度時点で育児休業を取得したいと考える
男性は53.8%います。
つまり休みたいけど休めないという状態ですね。

なぜ男性は育児休業を取得したいのに取得できないのか

自分も同じ立場なのでなぜ取得したいのに取得できないのか、理由を考えてみました。

休んでいる間の収入がなくなる

最大の理由はこれでしょう。休んでいる間に給料がもらえないことです。
良い会社ですと会社から補償がでるところもあるそうですが大体はそうではありません。
調べてみるとわかりますが、育児休業給付金という育児休業中の生活保障として
雇用保険からもらえるお金
があり、最大で月額の66%までは国からもらうことが出来ます。
色々条件があるのでこのあたりは別途まとめる予定です。

会社で出世できなくなる

お金が保障されたとしても出世まで国は補償できません。
いくら違法だと言ってもやはり、休んだ人よりも休まない人のほうが
評価されるのでは?と考えるのは自然でしょう。

会社内が取れる雰囲気ではない

私も自分の部署では男性で育休を取った人はほとんどいない状態でした。
噂では1人だけ過去に取ったことがあるらしいですが…社会全体で2.6%ということは
会社の雰囲気的に取ることが普通ではない、ところの方が多いかもしれません。

今日のまとめ

私も育児休業を取得しようということで、
色々調べたりしてみたので経過をまとめていきます。