レンタカーで事故を起こした時の対処方法

レンタカーで車を運転しているときにガードレールや壁などにぶつけたことはありますか?
自分の車を持っている人であれば対処できるかもしれませんが、普段、車に乗らない人だとどう対処すれば良いのか迷ってしまいますよね。
私も同じような状況に遭遇したのでどう対処すればよいのか、対応方法についてまとめてみました。

ぶつけたかも!?と感じたときの対処法

何はともあれまず止まる

何かイヤな音が聞こえてきたときには、まずは近くで停車するようにしましょう。
これは善良な市民として言っているのではなく、ドライバーのために言っています。
ここで停車しておかないとドライバーが不利益を被る可能性があるからです。

というのも停車して事故扱いにしておかないと、レンタカーを返却したときに業者から修理が必要だと言われてしまったときに、保険が使えずに修理代が自己負担となる可能性があります。(対人・対物問わず)

最近ではこのような事故対応が必要だったのにしなかった場合でも使える保険があるようですが、ヤバイかなと感じたときにはまず止まるようにしましょう。

被害を確認する

次に行うのは被害状況の確認です。

対人の場合

相手がいる事故であればこの時点で迷わず警察に電話しましょう。
けが人がいる場合には救急車の手配と、レンタカーを借りた会社へも連絡してください。
以降の手続きは警察とレンタカー会社の指示に従ってください。

対物の場合

ガードレールにぶつかったなどの単独事故の場合も場合によっては警察への連絡が必要となります。
まずは車にキズがついていないか確認しましょう。
次にぶつかったと思われる地点で公共物(ガードレールや電柱)にキズができていないか確認します。
目に見えてわかるような凹みやキズがないようであれば一安心です。
そのまま運転に戻って大丈夫でしょう。

ここで残念ながらキズがあった場合には以降に進みます。

レンタカー会社と警察に連絡

対物・車両の事故としてレンタカー会社と警察に連絡しましょう。
これを怠ると先ほども述べたように保険が適用されません。
レンタカー会社の保険やら保障もすべて連絡しないと使えません。

順番としてはまずレンタカー会社と対応について協議してからが良いのでレンタカー会社が先。
その後必要であれば警察に連絡します。

然るべき手続きに従う

ここまでやれば保険が使えないということはないでしょう。
後は粛々と手続きを進めてください。

停車しなかったときはどうしたら良いの?

対物でぶつかったときに
「大したことないだろう」

とタカをくくってそのまま移動を続けてしまいコンビニとかで停車した時に見たら
「ああ、これは誤魔化すの無理だな…」
というキズが出来ていたらどうしたら良いでしょうか。

ぶつかった場所に戻る

あるべき論からするとぶつかった場所に戻り、ご紹介した上の手続きに戻るのがベストです。
ぶつかったかもしれないという場所を覚えていて戻ることができるのであれば可能な限りこちらの選択を取ることをオススメします。

諦める

そもそも普段乗らない場所に行くからレンタカー借りているのであって場所なんて憶えてないよ!
と言う人やお金を払うことになっても点数が下がるのを避けたいという人は諦めるという選択も考えることになります。

その際はレンタカー会社から修理に出す期間の営業保証費用と実際の修理費用を請求されます。
修理の内容や期間にもよりますが大体10万円〜20万円前後は覚悟したほうが良いでしょう。

ちなみにカーコンビニ倶楽部などで修理をした場合でも5万円ぐらいの費用はかかります。
下手に修理をせず返却したほうがかえってやすいということもあるので修理に出すかの判断は慎重に行ったほうが良いでしょう。

今日のまとめ

事故が起きてしまうと慌ててしまいますよね。
いざというときに正しい対処ができるように事前に対処方法をきちんと整理しておきましょう。

何にしても事故が起きないのが一番なのは言うまでもありません。
安全運転を心がけて楽しく過ごせるようにしたいですね。
レンタカーを借りるときは全国の格安レンタカーを一括検索して比較や予約ができるスカイチケットレンタカーがオススメです。