燻製チョコレートの作り方




いぶり暮らしの中で燻製チョコレートというものがありました。
自分でも作ってみようかなーと言うことで色々試してみたんですがこれが結構難しいんですね。

漫画やレシピブックの中ではミルクチョコレート(DARS)を焼きチョコレートにしてそれを燻製にしているのですが、まずこの焼きチョコレートを作るまでが難しい。
オーブンの性能もある気がしますが均一な焼き加減にならないので12粒すべてが同じようにならないので焦げすぎてしまうのやらまだあまり焼けていないのやらが出来上がってしまいバラツキができてしまうんですね。

その状態で燻製をしてもやはり溶けてしまい燻製チョコレートになりません。

どうにか別の方法がないかと悩んでいましたが妙案が閃きました。
「そうだ、焼きチョコレートがうまくできないなら最初から焼きチョコレートを使えばいいじゃない」

ということで焼きチョコレートのBAKEを使って燻製チョコレートを作ってみることにしました。

使用器具

今回は、熱燻で作ります。
使用するのは燻製鍋とスモークチップでOKです。

調理方法

材料

材料は森永のBAKEを使います。
他にも焼きチョコレートがあればそれでも良いですが手に入りやすいのはこれでしょう。

つくり方

まずBAKEを用意します。
元々製品的に焼きチョコレートなので風乾などは不要です。

DSC01556

開けておきます。
なんで6個のところで仕切りがあるんでしょうね。

DSC01557

チップを入れて火をつけます。
3分ほど経って煙が出てきたらクッキングシートをのせてその上にBAKEを乗せていきます。

DSC01552

燻す時間は2分です。
火をつけるまで待つ時間の方が長いですがこれ以上やるとチョコがやたら煙臭くなったりチョコが溶けてしまいました。
何回か試した結果、2分が一番良さそうです。

DSC01558

ちなみに加熱しすぎると熱源に近いところのチョコはこのように溶けてしまいます。
この溶けたチョコは非常に酸っぱくて食べるのはオススメできないぐらいなので注意してください。

DSC01553

出来上がった燻製チョコレートはしばらく風にさらしておきます。
食べてみると少ない燻製時間の割にしっかりと燻製の香りを感じます。
チョコだけで食べるよりはコーヒーなど飲み物と一緒に食べるほうが良いでしょう。

DSC01566

今日のまとめ

いぶり暮らしでやっていた焼きチョコレートが難しかったので最初から焼きチョコレートになっているBAKEを使って燻製チョコレートを作ってみました。
燻す時間が非常に短いのでチップはかなり少なくても大丈夫です。