Fire HD8にPlayストアをインストール!オススメの導入方法

Fire HD8は1万円を下回る価格で入手できる8インチタブレットで非常にコスパが良いですが、利用できるアプリに制限があります。
Fireタブレットで使用しているOSであるFire OSは、Androidがベースのため本来ならGoogleから配布されているアプリをインストールすることが可能です。
しかし、FireタブレットはAmazonストアからアプリをインストールするようになっていて、AmazonストアはgoogleのPlayストアほどアプリが充実していません。
特にGoogle関係のアプリがインストールできないことから使い勝手が悪いというのが実情です。

シュウ

Fire OSも元はAndroidなんだからPlayストアさえ入れば、いろいろなアプリを使えるのでは?

本記事では、Playストアのインストールを可能にする方法をご紹介します。
そしてその中の1つである「apkパッケージをダウンロード」し、Playストアをインストールしたので導入の手順をご紹介します。

Playストアの導入方法

FireタブレットにPlayストアからアプリをインストールできるようにする方法を調べるとよく見つかるのが、以下の2通りの方法です。

Playストアをインストールする方法(大分類)
  1. Root化してインストールする
  2. デバッグ(開発者向け)モードにしてインストールする

Root化は管理者権限を取得する方法

Root化は、システム権限を開放・取得し、ユーザーが自由に端末を設定できるようにする方法です。Windowsのパソコンでいうところの管理者権限(Administrator)で操作をするということになります。

管理者権限を取得することになるので、通常では制限されている設定や操作ができるようになり自由度は飛躍的に向上します。
しかし、FireタブレットではRoot化により管理者権限を取得することは許可されていません。また、重要なファイルを変更・削除してしまった場合、端末が使えなくなることもあります。
自由度が上がる反面、メーカーの保証を受けることができなくなるため、壊れたときにはどうしようもありません。そのため、Root化はあまり良い選択肢ではないと言えるでしょう。

デバッグモードはPlayストアのアプリを入手する方法

Root化は推奨されない方法ということで、有力になってくるのが「デバッグモードによるPlayストアのインストール手順」です。
デバッグモードによるPlayストアのインストールは、大きく3通りのやり方があります。
どの方法も多くのサイトで紹介されていますが、本記事ではそれぞれの方法を評価していきます。

デバッグモードによるPlayストアのインストール方法
  1. http://rootjunkysdl.com/からapkパッケージをダウンロードする
  2. 他のAndroid端末からapkパッケージを抽出する
  3. YahooのBOXで公開されているapkパッケージをダウンロードする

Playストアをインストールする3つの方法の評価

デバッグモードでのインストールは「apkパッケージをインストールする」という最終的なゴールは同じです。
何が違うのかというとapkの入手元と利用するソフトウェアのセキュリティがどれだけ信頼できるかというところです。

インストールできるならどれでもいいというわけではありません。

というのも、この入手経路の違いによって同じPlayストアをインストールするという作業の中でスパイウェアなどが入ってしまう可能性があるからです。
「KindleにPlayストアをインストールする」という保証されていない作業をするわけですから可能な限りリスクの少ない方法で導入するのが望ましいですよね。
そこで以下ではそれぞれのやり方について私なりに評価をしてみました。

rootjunkysdl.comからapkパッケージをダウンロードする方法

このやり方は第三者であるrootjunkysdl.comからapkパッケージのダウンロードと導入するためのbatファイルを実行するやり方です。
最も気になるのはrootjunkysdlって何者?というところが保証されていない点です。
善意の有志かもしれませんが、batファイルを実行しているのでその中で悪意のある作業が行われる可能性もあります(batファイルは中身調べていませんのでこのような書き方になっています。apkのインストールをコマンド化しただけの可能性もあります。)
また、apkファイルの身元が確認できないので(ダウンロードしていないのでkeytool打っていないです。)悪意のあるソフトウェアが混入していないとも限りません。

他のAndroid端末からapkパッケージを抽出する

このやり方はESファイルエクスプローラーというソフトウェアを使ってapkパッケージをインストールする方法です。
やり方としては手順がわかりやすいというのが良い点です。
方法としては悪くはないのですが、導入手順で紹介されている「ESファイルエクスプローラー」がスパイウェアの動きをするという情報もあります。
Kindleというよりパソコンの方にスパイウェアが混入する可能性がある点と、パソコンに普段使うことのない余計なソフトウェアはインストールしたくないという観点からあまりオススメはできません。

apkパッケージをダウンロードする

これはインターネット上で公開されているapkをダウンロードする方法です。
これだってやっぱりapkの身元保証されていないんじゃないの?と思うかもしれませんが、ダウンロードしたapkパッケージに付与されている署名を見ることで改ざんがされていないかを確認することができます。

紹介しておいてウィルスが混入していたら困るので、私も自分で検証を行ってみました。
結果としてはgoogleの署名を確認することができました。
googleの署名が入っている=元のapkに手を加えられていないということが言えるため、3通りの方法の中では、一番信頼性が高いだろうという結論に至りました。

検証結果(keytoolの実行結果)を以下に貼ります。
検証方法の説明については割愛しますが、手順自体は簡単なので気になる方はご自身でやってみても良いでしょう。

33555763072 aa7d37fd69 o th

Playストアのインストール

ということで、3番目のやり方が一番セキュリティリスクが少なそうだということでYahooのBOXからapkパッケージを入手して作業を進めていきます。

2019年12月追記

2017年にKindleを購入した方は第7世代、2018年以降は第8世代となっており、本記事で紹介している時点でよりFireタブレットが1世代以上進んでいます。
GooglePlay開発者サービスのバージョンが240–146496160となっており、第6世代用の230–146496160から変わっています。

第8世代のタブレットにインストールをすると、Playストアの更新が発生しますが問題なく動作することは確認できているので基本的には紹介している手順で問題ありません。
実際に私も第8世代のFire Hd8にインストールし問題ないことを確認しました。

更新するのがわかっていて、あえて更新するのが面倒なので最初から最新版を入れたいという方は xda-developersから最新のパッケージを取得すると良いでしょう。

Fireplaystore001

apkパッケージの入手

まずはSilkブラウザでhttp://yahoo.jp/box/VbWSDaにアクセスします。

33711565305 1b9cdda35d o th

するとこのような画面に移動します。

33555329412 5b17e695ed o th

一番右のtxtファイル以外の4つのapkファイルをダウンロードします。

33555328772 35c5c90b75 o th

この種類のファイルはお使いの端末に悪影響を与える可能性があります。
XXX.apkを保存しますか?
と聞かれるのでOKを押します。

33555328492 ec20ed67b9 o th

ダウンロードが始まります。

33711564795 376caa3637 o th

ダウンロードが完了したらブラウザの戻るボタンで戻って他のファイルもダウンロードしてください。

33555328392 42b3794c9b o th

4ファイルともダウンロードが終わったらSilkブラウザの右のメニューからダウンロードを開きます。

33555328292 d69862ee69 o th

apkパッケージのインストール

それぞれダウンロードが出来ていることを確認したら 「1-Googleアカウントマネージャ.apk」をタップします。

33711564675 a10ee7546e o th

するとインストール制限のメッセージが表示されるので設定を押して

33555328062 07f9ac94b1 o th

こちらの画面の真ん中にある「不明ソースからのアプリ」をONにします。

32898023213 347e97233f o th

警告画面が出るのでOKを押します。

33555327832 36510cf860 o th

このようにインストール許可がONになりました。

32898023043 52a966a62e o th

もう1度Silkブラウザに戻るとこのようにインストールが開始できるようになるので次へを押して進んでいきます。

33555327722 f769a2cb83 o th

インストールが完了するとこのような画面になります。
ここでは完了を押します。

33555327602 cb1615c265 o th

こちらの画面に戻って同様に4までインストールを行います。

33555327502 735c02b274 o th

4つともインストールが完了するとホーム画面にGoogle設定とplayストアが表示されるようになっています。

googleのアカウント設定

次にPlayストアを開きます。

33555327042 2aeb4e4e3a o th

するとおなじみのgoogleの設定画面になるので

32898022123 1fd3b2658f o th

利用するアカウントの設定を行っていきます。

32898021993 9c755207b7 o th

ログインユーザとパスワードの設定が完了すると、再度確認が始まります。

32898021943 45c820bcc4 o th

正しいアカウントでログインをするとこのようにPlayストアが始まります。

33711563535 812bd48a45 o th

後処理(設定戻しや不要ファイルの削除)を行う

ここまで来たら後は普通にPlayストアが使えるようになりますので後処理です。
設定からセキュリティに進んで

33711563275 82c3ec2e44 o th

不明ソースからのアプリをONからOFFにします。

32898021593 3a81d6dc2b o th

これでもとの設定に戻りました。

32898021273 4e05937384 o th

次にSilkブラウザからダウンロードを開いてそれぞれのファイルを削除します。

33711562885 4215bdd568 o th

削除の確認が出るので削除をタップしていけば

32898021193 56fae37493 o th

すべて不要なファイルの削除が完了します。
これで設定は完了です。

32898021093 83b508ccd2 o th

あとは好きなアプリをダウンロードしましょう。
このようにChroomeや

33711562795 89bf05bb3e o th

Google日本語入力もインストールすることが可能です。

32869123444 4653e5a624 o th

ホーム画面に正しくインストールされているのが確認できました。

33582480991 2e0eca2a73 o th

Fireタブレットをさらに便利に使う

Google音声入力で音声入力

Googleが使えるようになったのであれば音声入力もしてみたいですよね。
KindleでもGoogleの音声入力を行うことができます。
具体的には2つのアプリをインストールすることでできるようになります。
1つ目はGoogleアプリ、2つ目はGoogle日本語入力です。

私は当初、Google日本語入力だけを入れていたので音声入力ができるようにならず

シュウ

Kindleだと音声入力ができないのかな

と悩んでいましたが、Googleアプリを入れることで解決します。
音声入力ができるようになると、Twitterなども捗るようになるのでオススメです。

Kindleの広告を消したい

Kindleの広告ってやたらゲームの広告などが出てきますよね。
私はToodledoでタスク管理をしているので職場でもタブレットを出しておきたいんです。
広告が出ていると「コイツは遊びで使っているのか?」と疑われかねないので出すのを躊躇していました。

実はKindleの広告は消すことができます。
Kindleの「設定」から「アプリとゲーム」、「Amazonアプリケーションの設定」と進んでいき「キャンペーン情報」というのをタップします。
その中にある「ロック画面のキャンペーン情報」というのをOFFにすれば、ロック画面に出る広告を消すことができます。

今日のまとめ

今回やったgoogleストアのインストールは当然、Amazonでは非公式のモノとなります。
Playストアからダウンロードしたもので不具合が出てもAmazonでは対応しないのでインストールするアプリについては十分に注意をしましょう。

トランセンドジャパン
¥2,280 (2020/04/04 07:12:11時点 Amazon調べ-詳細)