DMMいろいろレンタルは4100点以上の商品を安価にレンタル

DMMいろいろレンタルは、ドレスやバッグなどのファッションアイテム、季節のイベントグッズ、家電や旅行用品などをレンタルできるサービスです。
ネットで希望の商品とレンタル期間を指定するだけで自宅まで届くので予約の手間などが少なく便利です。
本記事ではDMMいろいろレンタルを利用するための手順やメリット・デメリットについて解説します。

無料で配送

必要なときだけレンタルで節約

DMMいろいろレンタルの基本情報

利用の流れ

STEP.1
レンタルしたい商品を探す
まずはDMMいろいろレンタルにアクセスしてレンタルしたい商品を探します。
DMMいろいろレンタルでは4,100点以上の商品を取り扱っています。
STEP.2
ネットで予約
レンタルしたい商品が見つかったらネットからレンタルの予約をします。
予約はDMM会員である必要があるため、DMMの会員ではないときは新規に会員登録もしましょう。
会員登録はメールアドレスとパスワードだけを入力すれば完了します。

STEP.3
自宅へお届け
予約が完了したらレンタル日の前に自宅に届きます。
一部商品を除き、往復の送料は無料で利用できます。
STEP.4
レンタル品を使う
レンタル期間中はドンドン使いましょう。
万が一、汚損・破損してしまっても修理費用は請求されません。
通常の利用の範囲での汚損・破損では修理費用を請求されることはないので借りる前の不安がなく、安心して利用できます。
STEP.5
レンタル品を返却
返却手続き日の17時までに配送業者へレンタル商品お引渡します。返却は電話1本でOK。
自宅まで集荷にきてくれます。

料金や期間は商品によってさまざま

レンタル料金や期間は商品によって色々設定されています。
レンタル料金は最安値のもので2日間800円から借りることができます。
また、レンタル期間は最短2日〜最長6ヶ月までと幅広い期間で選択することが可能です。

例えば、デジタルカメラなど特定のイベント日だけ使えば済むものなどは、2日〜30日で借りることができます。
逆にベビーカーやベビーベッドなど長期間使う商品は1ヶ月〜6ヶ月となっています。

レンタル料金 2日間:800円(税込)〜
レンタル期間 最短2日〜最長6ヶ月間
送料 一部商品を除き、往復送料無料

こんなところがオススメ

M05S0651

必要な商品を必要な期間だけレンタルできる

普段使うことはないので買うほどではないけれど、イベントのときだけ使いたいなど期間が限定されるような状況のときにDMMいろいろレンタルはピッタリです。

たとえば友人の結婚式に出席するので写真を撮るためにカメラを使いたいというときや、子どもが生まれて最終的には布団で一緒に寝るけれど落ち着くまではベビーベッドで寝かせたいなどのシーンです。

必要な商品を必要な期間だけレンタルすれば、あとは返却すれば良いので余計な費用を使わずに使用することができます。

購入を悩んでいる商品のお試しとして安い費用で使うことができる

値段が高いので買おうかどうか悩んでいるけど実際に使ってみて判断したいというときにもDMMレンタルを活用できます。
たとえばドローンやGo Proなどの動画を撮影するための機材やルンバなどのロボット掃除機などがオススメです。

シュウ

あったら便利(楽しそう)だけど実際に使えるかどうか悩むなぁというときに試してみたいですね。

他のレンタルサービスと比較しても安価

DMMいろいろレンタルでは4,100点以上の商品を安価に借りることができます。
同じようにレンタルサービスを行っているR社と比較をしてみました。

商品 R社 DMM 差額
RX100M5 9,980円 8,290円 1,690円
F2plus 12,000円 8,760円 3,240円

例えばデジタルカメラの「SONY Cybershot DSC-RX100M5」を3泊4日で借りた場合、他のレンタルサービスでは9,980円ですが、DMMいろいろレンタルでは8,290円と1,690円オトクに借りることができます。
他にもベビーカーではコンビのF2plusが他のレンタルサービスでは3ヶ月で12,000円ですが、DMMいろいろレンタルでは8,760円と3,240円オトクです。
取り扱っている商品が違う場合もあるので、すべての商品が必ずオトクとは言い切れませんが複数のジャンルの商品が比較的安く借りることができるのは嬉しいですね。

無料で配送

必要なときだけレンタルで節約

利用するときはここに注意

M05S1071

長期間利用するとかえって高額になる

限定された期間で使用する場合は、安く済ませることができますが長期間利用すると、かえって高額になってしまい買ったほうが安かったとなってしまうことがあります。

シュウ

抱っこ紐など日常で継続的に使用するものは買ってしまったほうが安くなります。

私の場合は、ベビーベッドを1年ほど利用するつもりで借りていたのですが、その後第二子が生まれました。
そこで継続してベビーベッドを利用した結果、総額で考えるとベビーベッドを買ったほうが安くつくことになりました。

ベビーベッドは粗大ごみで捨てるため、レンタルのほうが返却の手続きが楽ではあります。
そのため、後悔は少なかったですが利用する場合は予めどれぐらいの期間利用するのかを明確にしておいたほうが良いでしょう。

他の人がレンタルしていると借りられないこともある

扱っている商品の種類や数は限られているため、一時的に需要が重なってしまうことでレンタル品が借りられない場合もあります。
必ず使えるわけではないというのは注意すべきポイントですね。
対策としては必要であることがわかった時点で早めに予約してしまうのが良いでしょう。

今日のまとめ

結婚式や子どもが生まれたときなど限定的に利用するときにはDMMいろいろレンタルなどのレンタルサービスを活用すると安価に利用することができます。
類似のレンタルサービスと比較しても費用が抑えられるためDMMいろいろレンタルは利用しやすいと言えるでしょう。
一方で、いつまで借りるかわからない場合や日常でよく使うことがわかっている製品であれば多少高くても買ってしまったほうが安くなることがあります。
使用する期間やシーンを確認して上手にレンタルサービスを活用したいですね。

無料で配送

必要なときだけレンタルで節約