サッと取ってパッと撮れる!「SONY RX100M3」レビュー

SONYのRX100 M3を買って半年以上経ちましたが、使えば使うほど良いカメラです。
以前は、撮るだけならスマホでいいかなと考えていたのですがRX100を使うようになってからはむしろRX100でばかり撮影しています。
今回は、RX100の魅力についてご紹介します。

やっぱり画質!RX100なら背景をボカすこともできます

dsc00535_32456612194_o

上の写真は川越の氷川神社にいったときにRX100で撮影した写真です。
背景がボケている写真って良いですよね。

どうやったら背景をボカスことが出来るかというと単純に言っちゃうと2つの要素が重要です。

  1. 被写体と背景の距離が遠いこと
  2. F値をできるだけ小さくする

カメラと被写体の距離が近く、背景が遠いとボケ味が出しやすくなります。
またF値はできるだけ小さい方がボケやすいですがF値が3未満程度であればボケ味のある写真を撮影しやすいです。

スマートフォンのカメラやコンパクトデジカメでは設定を自動で決められてしまうためF値の指定ができません。
これらのカメラでボケを出すにはアプリを使うなど別の方法で実現する必要があります。

RX100であれば撮影モードでF値を指定して撮影することができるため、ボケ味のある写真を撮影することができます。
デジタル一眼と比べてしまうとボケ味が物足りないかもしれませんが、スマートフォンやコンパクトデジカメでは出せない魅力です。

携帯性しやすい洗練されたデザイン

RX100は高級コンデジと言われているだけありサイズが非常に小さいです。
ストラップをかけていれば内ポケットなどに収納しておくのも余裕です。
私も内ポケットに入れて持ち歩き、撮りたいときにはすぐ取り出せるようにしています。

デジタル一眼だとどうしても首から下げておくかバッグに入れておくしかありません。
街なかでカメラを下げて歩くのが気になるという方にも安心です。
一方でRX100は全シリーズで防水性は無いので注意が必要です。

一方で、電子ファインダー(EVF)やフラッシュもきちんと搭載されておりデジタル一眼のような撮影をすることもできるのでカメラを操作する面白さを楽しみたいという方にもOKです。

IMG_20170806_095644

シャッターチャンスを逃さない!素早い起動速度

スマートフォンで撮影していたときには撮影までに画面ロックの解除からカメラを起動して…とカメラが起動するまでに時間がかかってしまいます。
一方、RX100は電源ボタンを押してから起動するまでの時間が非常に早いです。
その間、1.6秒。

この起動速度を公式ページで記載しているところはほとんどありません。
そこで手元のカメラと比べてみたところ、この起動速度はデジタル一眼と遜色ないぐらいの速度でした。
むしろ、少し前のデジタル一眼であればRX100の方が早いぐらいです。

すぐ取り出せる位置にあれば構えるまでに撮影可能な状態になっているので

オギシ
あ、子どもがいい位置に来たから撮ろうかな

など撮りたいと思ったときにすぐ撮ることができます。

交換レンズなど追加投資で迷う必要がありません

自分の撮りたい写真にこだわり始めるとドンドン色々なレンズが欲しくなってきてしまいます。
というのも、デジタル一眼で思い通りの写真を撮るには、レンズがより重要になってくるからです。

しかし、レンズだけでも数万円するのは当たり前。
性能が良いレンズになれば十万円の単位のレンズもざらにあります。
その分、性能もスゴいので欲しくなってしまいます。

RX100は高級コンデジなのでレンズ交換はできません。
良くも悪くも、ここにあるカメラで出来ることがすべてです。

追加投資が発生しないので買おうか・買うまいか悩む必要がありません。

撮った写真をすぐに転送!一緒にいる人もSNSでもすぐにシェアできます

撮った写真をすぐにスマートフォンに転送できるのも魅力の1つです。
スマートフォンへの転送にはQRコードを使って転送するタイプやSDカードにWifiの機能を搭載したタイプがありますが、RX100は本体とスマートフォンで直接通信を行うことができます。

転送する写真もアプリ側で選ぶことができるので操作も直感的ですし、転送も非常に早いです。
1秒かからずにビュンビュン転送されていくのは見ていて気持ちがいいですよ。

スマートフォンに転送できるのでSNSへの連携もすぐに行うことが出来ます。
私の場合はスマートフォンに転送した後、Flickrにアップロードするようにしています。

天体や野鳥の撮影をしたい人にはオススメできません

一方で、月などの天体や遠くにいる野鳥などを撮影したいなど望遠が必要となる方にはRX100はオススメできません。
焦点距離が24mm〜70mmとなっているので風景の写真やスナップ写真など、街や人、食べ物など比較的近い写真を撮るのには抜群ですが、そもそも遠距離の写真を撮るようには設計されていません。

デジタルズームという機能を使えば最大で11倍までズームができますが、基本的には遠距離は撮影できないと考えたほうが良いでしょう。

コレ一台にすべて詰まっています

レンズの性能的に遠距離が苦手という属性はありますが、日常で使うのであればコレ一台でほとんどの撮影シーンをカバーすることができます。

もちろん、写真撮影がメインの「写真を撮るぞ!」という場面ではデジタル一眼の方が良いでしょう。
しかし、小さくて持ち運びが簡単な上に、撮る!見る!見せる!を一瞬で実現できるRX100は普段使いに最高のカメラと言えます。

RX100は後続のシリーズが出ても販売が続けられる上、値下がりがしづらいため使わなくなったら中古で売るということもできます。
ぜひ試してみてください。
最新のRX100M5は性能が抜群ですが、お値段も抜群です。
RX100M3は性能と価格のバランスが取れておりオススメです!