ビジネスでもプライベートでも!TERG by HELINOX「デイパック」は普段使いにピッタリ!

前回の記事では、リュックを十数年ぶりに購入しようというということで、ビジネスでも使えるというテーマでいくつかのリュックをピックアップして検討しました。
今回は候補の中の1つであった、TERG by HELINOX(ターグ ヘリノックス)のデイパックを実際に購入してみたのでレビューします。

ビジネスでもカジュアルでも!いつでも使えるリュックを探す!

2017.02.12

ちなみにブランド名のTERG by HELINOXは「TRIAL AND ERROR RESEARCH GROUP」の略だそうです。
最新のアウトドア・テクノロジーを活用して軽量の製品を開発するHelinox(ヘリノックス)の経験と開発技術から、イノベーティブな機能とデザインをもつ、日常生活に価値のある製品の開発を行っています。
技術者の考えにも通じるところがあり共感したのも購入理由の1つです。

商品情報

購入したのはTERG by HELINOXの「デイパック」です。
デイパックはHPでも紹介されているとおり、デイリーユース向けの製品となっています。

色はブラックやピートグレーなどのオーソドックスな色に加え、マルチカモ(迷彩)やタイガーストライプなど個性的な色も揃っています。
今回は、ビジネスでも使える色にしようということでブラックにしました。

最後まで、ブラックとグレーで悩みました。

開封の儀

開封してみました。
前面からはロゴなどは見えずシンプルな造りになっています。
前面からは底面のレザー部分に見えるジッパーが確認できます。

IMG_20170206_093614

こちらが背面です。
背面から見て左側にジッパーがあるのがわかります。
こちらのサイドスペースにはA4の資料をファイル無しで折り曲げずに持ち運びが可能です。

IMG_20170206_093833

こちらが上から見たところです。
手前側が一番メインのジッパーを開けたところです。
その中に見える開きかけのジッパーがマルチリンクシステムで取り付けられているデフォルトのベルクロです。
更に写真の最上部に見えるジッパーの部分には小物を収納することが可能です。
5.5インチのスマホを入れても余裕があるスペースがあるので、Wifiルータなどあまり取り出さないものとかを収納しておくのも良いですね。

ちなみにマルチリンクシステムは、この別売りのベルクロを使うことで、必要に応じた収納スペースを作ることができるシステムです。
また、ベルクロというのは、マジックテープなどの仕組みを使った「くっつく面ファスナー」のことです。

IMG_20170206_094026

こちらが背負って左側の側面です。
このようにジッパーが上部で止まっています。
デイパックはこのようにメインの部分がアシンメトリーの構造になっています。
またジッパー部分が防水用になっているのも確認できます。

IMG_20170206_094042

使用感

子どもと出かけるときやジムにいくときに使ってみました。
収納部分が多いため、荷物の大きさに合わせて、収納でき、使い勝手が良いです。
リュック自体もシンプルな見た目となっており、どんな服装とも合わせやすいリュックです。

ここがオススメ!

収納量が多く防水

見た目はそんなに大きそうに見えませんが、全体容量が23Lと意外と多く入れることが出来ます。
ちょっと遠くに出かけるときにも、それなりに荷物は入れられますし、普段の買い物でも使えます。

15インチのノートPCも収納できますし、13インチのMacbookであればサイドスペースの方にもしまうことが可能です。
また、リュックが防水なので電子機器を持ち歩くときにも安心です。

落ち着いた見た目!いつでも使える

どんな服装にも合わせられる落ち着いた感じが良いです。
スーツなどビジネスシーンで使っても全く違和感はありません。

個人的にはリュックの目立つところにロゴがあると、
「ビジネスシーンでは使いづらいな…」
と感じてしまうのでロゴが目立たないこのリュックは非常に助かります。

ARC’TERYX(アークテリクス)のARRO 22のようにメジャーというほどでもないので他人と被りにくいというのもポイントです。

比較的安めに入手できる

前回の記事でもご紹介したとおり、TERG by HLINOXは、18,000円前後で入手可能です(2017年10月現在Amazon)
同じぐらいの容量・機能を持ったリュックと比較しても安く入手することが出来ます。

ビジネスでもカジュアルでも!いつでも使えるリュックを探す!

2017.02.12

ここが気になる…

ベルクロを使わない

ウリのひとつであるマルチリンクシステムはベルクロが1つしかついていないので同時に使うということができません。
必要に応じて使いわける必要があります。
また、ベルクロがかえって入れられるスペースを圧迫するときもあり何も使わずに入れるということもよくあります。

リュック単独では自立しない

個人的にはあまり不便を感じませんが、リュック単独では自立しません。
外の床に置くことが多いのであれば気にしておいた方が良いポイントかもしれません。

ドリンクホルダーがない

これもまた、個人的には不便を感じませんが、リュックによくあるドリンクホルダーはありません。

今日のまとめ

使ってみた感想としては、非常に使い勝手の良いリュックです。
私は買って大正解でした。
誰が使っても日常生活では、違和感なく使えるので

「どういうときに使うか決まっていないけどビジネスシーンでも使うかもしれない」
という方にはピッタリなリュックです。
ぜひ試してみてください。