[S] 年賀状は郵便局がオススメ!住所録の管理もオンラインで出来ます

オギシ
年賀状ソフトを入れていましたがパソコン替える度にまた入れ直したりバージョン違いとか面倒だな…

年賀状の季節ですね。もう準備を始めているででしょうか。
最近は「自宅にプリンタがあるので自分で印刷するよ」という人も増えていて、
インクジェット対応のハガキを購入している人も多いのではないでしょうか。

もう自宅で印刷するのって面倒だなという人にオススメなのがオンライン印刷です。
特に郵便局の年賀状印刷サービスでは住所録を管理することが可能なのでイチイチ買い換えるごとに再設定など行う必要が無いので良かったです。
今回は、この年賀状サービスについてご紹介します。

使わないプリンタ

私も例年、自分で印刷をしていたのですが先日プリンタが故障してしまいました。
とは言っても最近はプリンタもめっきり使わなくなり、年賀状を印刷するこのシーズンしか使わないような状態だったのでインク詰まりが起きていたようです。

なので毎年、新しいインクを購入しては印刷するということになっていましたが、プリンタが壊れた今となっては
「改めてプリンタを購入する必要ある…?」
と迷っていました。

オンラインサービスの検討

最近では、オンラインで年賀状の発注ができるのでどうしたものかと思案していました。

調べていると、郵便局の年賀状サービスが良さそうという結論に至りました。

郵便局の印刷サービスのメリット

オンラインでデザインして発注ができる

イラストの年賀状を選ぶことも出来ますが、写真を入れるなどその場でデザインを確認しながら進めることが出来ます。
最近はイオンなどでも同じようなサービスが展開されています。

宛名印刷が出来る(有料)

宛名は手書きという方には不要なサービスですが住所データも入れることで宛名印刷が可能です。

オンラインで住所が管理できる

これが郵便局の最大の優位点です。他のオンラインサービスではCSVデータをアップロードする形式のようですが、郵便局ではオンラインの住所録管理機能が用意されています。

オンラインで住所録を管理するとブラウザさえあれば良いので移行が不要になります。
自分の付き合いのある方々の情報を企業に預けるのはちょっと不安ですが、郵便局なら民営化したとは言え日本郵政が株主なので安心ですね。
また、住所録を編集するときはcsvで編集した情報をアップロードもダウンロードもできるので編集が容易です。

今日のまとめ

私は今年から郵便局で年賀状を発注することにしました!
住所録の管理が面倒だなと感じたら検討してみてはいかがでしょうか。
住所だけは自宅で印刷するという場合にはラクスルなどで年賀状を安く購入することもできるので探してみてはいかがでしょうか。

[S] 年賀状を止めてみたけど大して困らなかった件

2017.01.03

[S] 配る方も負担大きいなら年賀状は誰も得をしないのでは?

2016.09.11