毎日炭酸飲み放題!ソーダストリームを開封!

私は炭酸が好きで毎日ウィルキンソンの炭酸を飲んでいました。
毎日飲んでいると言っても1日1本というわけではなく、2本飲んだり3本飲んでしまうこともあります。

ウィルキンソンの炭酸は500ml*24本で2,000円弱ぐらいと安価に入手することができますが、積み重ねるとそれなりに出費となってしまいます。
また、毎回捨てるペットボトルの量も馬鹿になりません。
環境的にもよろしくないので、なんとかしたいと考えていたところ、ソーダストリームという炭酸水を作ることができる製品を見つけました。
今の自分の需要にピッタリな製品だったので買ってみることにしました。

商品情報

ソーダストリームにはいくつか種類がありますが、今回購入したのはGenesisという一番安価なエントリーモデルです。
普通に使う分にはこれで十分です。

ソーダストリーム
¥9,900 (2018/11/17 22:35:51時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは全自動のモデルですがこれで30,000円前後するのでGenesisの2倍以上の価格差です。
ずっと使っていると手動で炭酸を作るのが少し煩わしく感じるときもあるのは事実です。
しかし、ここまで良いモノを買ってしまうとコストパフォーマンスが悪くなり、ウィルキンソンを買ったほうが安くなってしまう気もします。

ソーダストリーム
¥31,320 (2018/11/16 23:55:28時点 Amazon調べ-詳細)

開封の儀

今回買ったのはソーダストリームのスターターキットです。
ソーダストリーム本体にはガスシリンダーと1リットルの専用ボトルがついてきますが、スターターキットはそれに加えて500mlの専用ボトルとシロップがついてきます。
ちなみにシロップはどの味が来るかは選べません。

またガスシリンダーが1本だけだと空になったときに交換するまでは飲めなくなってしまいます。
そこで交換用のガスシリンダーも手配しました。

付属品

これが付属品です。
スターターキットには、ガスボンベが1本と1Lのボトルが付いています。

使い方

早速セットして使ってみました。
ガスなので場所を選ばないのがいいですね。
どこでも使えます。

スターターキットについているのは1Lのボトルが1本です。
1Lだと使い勝手が悪いし、夏場は冷たい炭酸水が飲みたいので、ローテーションで水を冷やせるよう500mLの専用ボトルを買いました。

ココがオススメ

いつでも炭酸を飲むことが出来る

ペットボトルの炭酸のときは、当然のことですがペットボトルの炭酸水がないときは飲むことができませんでした。
ソーダストリームの場合は、水道水からでも炭酸水を作ることが出来るので、いつでも炭酸を飲むことが出来ます。
買いに行くなどの手間がないのでストレスなく炭酸水を楽しむことができます。

好みに応じて炭酸の強さを調整できる

また炭酸の強さを自分で調整できるのも良い点です。
その日の気分に合わせて調整することもできますし、何かで割るときには強めに作っておけば炭酸を残すこともできます。

ちょっと残念…

ガスシリンダーの交換が手間

ガスシリンダーが空になっても、そのままゴミで捨てることはできません。
オンラインか近くの取扱店でガスシリンダーの交換が必要です。
勝手に廃棄するのはNGとのことでこの辺りはちょっと煩わしい部分です。

ソーダストリームのガスシリンダーは廃棄してはいけない!交換方法まとめ

今日のまとめ

ソーダストリームは自分で好きな強さの炭酸をいつでも作れるので好みの強さで毎日飲んでいます。
ウィルキンソンなどと違ってペットボトルなどのゴミが出ない点、追加で飲みたくなったら水さえあれば追加で作れるところが気に入りました。
一方で、ガスシリンダーは廃棄することができず交換を行う必要がある点は面倒な点ですね。

ソーダストリーム
¥9,900 (2018/11/17 22:35:51時点 Amazon調べ-詳細)