これ1本で何でもできる!OLYMPUS「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」

旅行や気軽なお散歩写真など、一本のレンズで済ませたいときにもってこいのOLYMPUSのレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12–100mm F4.0 IS PRO」を購入してみました。
一時期は入手が困難になってしまうほどの売れ行きを誇る人気レンズでしたが、流石に1年以上経過しているのもあり簡単に入手することができました。

この記事では「M.ZUIKO DIGITAL ED 12–100mm F4.0 IS PRO」の開封と実際にレンズを使って撮影した写真についてご紹介します。

商品情報

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12–100mm F4.0 IS PRO」は、高画質・高倍率・小型ズームレンズであることを目指し設計・開発されたレンズで、6.5段の補正効果と「5軸シンクロ手ぶれ補正」を搭載しています。

広角24mmから望遠200mm(ともに35mm換算)の焦点距離を1本で実現し、広角・望遠・マクロ・夜景・動画などの撮影時にレンズ交換をすることなく撮影することができます。
この性能で561gとマイクロフォーサーズの特徴である小型化しやすいという利点を活かしたレンズとなっています。
とは言っても他のマイクロフォーサーズのレンズと比べるとさすがにちょっと重いです。

開封の儀

早速開封してみます。
このような黒基調の渋い箱に入っています。

DSC04801_1

箱を開けると説明書が入っています。

DSC04803_1

中身をすべて取り出したところがコチラです。

DSC04807_1

更に全て梱包を解いてみました。
カメラレンズ本体とレンズフードにレンズケース、説明書が入っています。

DSC04811_1

こちらがレンズです。

DSC04812_1

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは、レンズ側にレンズファンクションボタンとIS(レンズ手ぶれ補正)切り替え(ON/OFF)スイッチがついています。

DSC04813_1

私が所有しているOM-D E-M5にセットしてみました。
ボディに対してレンズがやや大きめになっています。

DSC 0223

使用感

ED 12–100mm F4.0 IS PROを装備して撮影してきました。
こちらは子どもと散歩に行ったときにあった梅の木です。
F4.0だとどれだけボケが効くのか気になっていましたが、望遠側で撮影するとしっかりボケてくれます。
100mm(35mm換算で200mm)までずっとF4.0の通しで撮影できるというのは、かなりの強みです。

Photo

こちらは逆に広角側で撮影してみました。
ED 12-100mm F4.0 IS PROはレンズの先端から1.5cmの距離でピントが合うので超近距離でも撮影が可能です。
食事なのでそこまでギリギリまでは寄りませんでしたが、これもかなり近くから撮影しています。

M05S2460

今日のまとめ

ED 12-100mm F4.0 IS PROは近距離から望遠まで、普段使いで使いそうな距離をすべてカバーしながら開放F4.0通しを実現している素晴らしいカメラです。
購入する前は開放F2.8通しに惹かれて、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROやM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROなどを購入しようか随分悩みました。
正直言って今でもF2.8の通しには魅力を感じます。

それでもレンズ1本だけ持って撮りに行くとなったら迷わず、ED 12–100mm F4.0 IS PROを選ぶでしょう。
ED 12–100mm F4.0 IS PROの焦点距離のカバー範囲の広さはあらゆる撮影シーンを逃しません。
私のように様々な被写体を撮りたいという人にとって、ED 12–100mm F4.0 IS PROは最適なレンズと言えるでしょう。

少々お値段が張るのは否めませんが、ED 12–100mm F4.0 IS PROが1つあれば他のレンズが要らなくなるぐらいの対応力があります。
買って後悔することはない自信を持ってオススメできるレンズです。

逆に何か決まった目的のために撮影に行くことが多く、使用する焦点距離が近い多い方であればF2.8のPROシリーズをオススメします。