[S] 育休を取ってよかった。妻の体調が悪いときにすぐ代われます

新生児って何をやっても寝てくれない時がありますよね。
昨晩がちょうどそういう日でした。
それでも普段は少し様子を見れば寝てくれるのですが。
我が家は混合授乳をさせていて昨晩も妻が見てくれていたのですがどうやら朝の5時過ぎまで寝てくれなかったようです。
朝から妻は体調が良くなさそう。
ということで妻には午前中休んでもらい、私が面倒を見ていました。

2人の育児は大変

まだ言葉を十分に理解できない2人の世話は本当に大変です。
上の子は遊びたがるし、下の子はちょっと寝てはグズり。
この状況で家事をやろうとするときの不自由さといったらありません。
上の子には「天空の城ラピュタ」を見せ、下の子は、抱っこひもを使って横抱きにしながら家事をこなしました。

朝食の片付けと、昼食を作りましたが「逆二宮金次郎」状態で結構不自由です。
きっと世の奥様方は「私ひとりだったらこんなのすぐに終わるのに…」という歯がゆさを噛み締めていることでしょう。

育休をとっていて良かった

妻の体調は、幸い午後には快復してきたので昼食を一緒に食べ、子どもたちの昼寝に付き合ってもらいました。
こういう時にこそ育休を取ることのメリットを強く感じることが出来ます。
育休を取っていなかったら 「頭が痛いっていうぐらいだと明確な病気でもないし休みを取らなきゃいけないレベルか?」 という判断をしなければいけなかったでしょう。
年休も限られていますし、仕事も急には空けられないので(いつも行きたくはないけれど)可能であれば出社しておきたいというのが正直なところです。
育休を取っていれば午前中に2人の面倒を見れば良いというだけです。
妻をちゃんと休ませてあげられたということは育休を取って非常に有意義だなと感じました。

今日のまとめ

妻の体調不良のときに「今日は休むべきか」というのは多くの男性の悩みではないでしょうか。
ましてやそこに子どもが絡んでくると難しい状況ですよね。
会社は40年ですが家庭は一生です。
長くても1年程度なのですからこういうときに家庭のサポートをしておくと奥さんの大変さも理解できるでしょう。
ぜひ育休を取って、家族のサポートをしてみましょう。