前撮り写真はデータだけで十分!自分で作るフォトブックに満足

結婚式ではどのような衣装を着て式を行うでしょうか。
我が家は最初はウェディングドレス、お色直しはカラードレスでしたが、友人の結婚式に出ていてもこの選択をする人は多いのかなという印象です。
とは言え和装も着てみたいという方も多いのではないでしょうか。

すると、2回目のお色直しをするか、前撮りをするかとなります。
お色直しを増やすと衣装代が増えたり、披露宴会場にいられる時間が少なくなるので前撮りを考えますよね。
ところが、前撮りで写真撮影をするだけならまだしも、台紙やアルバムを作ろうとなるとまた費用がかかります。

そこで我が家は撮影してもらった写真データだけをもらうようにして自分でフォトブックを作ってみました。

前撮りできるところを探して見える問題点

前撮りのやり方を調べてみると、スタジオでの撮影と庭園などのロケーション撮影の2種類のやり方があります。
スタジオ撮影は部屋にあるセットで完結するので比較的安価で2万円から撮影することが可能ですが、せっかく和装で前撮りをするのであればロケーション撮影をしたいと多くの人は考えるようです。

実際、スタジオで撮る写真はやや作ってる雰囲気が出てしまいます。
ところがロケーション撮影になると急激にお値段が変わってきます。
ロケーション撮影にすると撮影だけで7万円〜8万円かかります。
ロケーション撮影はスタジオの近くの公園などを使用したりするので費用が増えるのは仕方ないのかもしれませんがやはり高いという印象は拭えません。

結婚式で六つ切りやアルバムを受付とかに出しておきたいということで作ろうとすると写真スタジオでアルバムを作ると更に1万円以上の費用が必要となります。

安いところには裏がある

もしかしたら価格勝負で安いところがあるかもしれない、と探してみるとロケーション撮影でも2万円ぐらいで出来るところもあるにはあります。

しかし、そういうところは写真撮影をしても写真1枚だけがもらえるなど、せっかく撮ったのに全く手元に残らない形式となっています。
撮ることが目的であるとか写真1カットでもあれば良いということならばそういうプランをオススメしますが、せっかく撮るのであればアルバムや電子データで持っておきたいですよね。
そこで、データを受け取れるプランで見積りを見てみると、結局は他のところとそう変わらない値段になってしまいました。

アルバムは自分で作るという選択

私の求めている要件

  1. せっかく撮った写真であるならばデータとしても所持したい
  2. アルバムは作りたい

に対して、以下の3点が問題となることがわかりました。

  1. 安いプランではスタジオ撮影になってしまう
  2. アルバムを作ろうとすると別途費用が必要となる
  3. 安いスタジオ撮影では写真1カットしか残らない

そこで、結婚式で使いたい六つ切りやアルバムは自分で作ってしまえば良いと発想を変えてみました。
つまり、写真スタジオからはデータだけもらうようにしようという考え方です。
そうすればアルバムでかかる余計な費用は押さえることができるようになります。

富士フィルムのフォトブック

フォトブックを作る会社はたくさんありますが、今回は結婚式にも使います。
結婚式で受付に置いておくフォトブックであれば、安っぽい感じに仕上げたくはありません。

そこで、餅は餅屋ということでフジフイルムフォトブックを利用することにしました。

フォトブックでよくあるソフトカバーでの仕上がりではちょっと安っぽくなってしまいますが富士フィルムではハードカバーのアルバムを作ることが出来ます。

アルバムの例はまさしくウェディングの写真なので富士フィルムでもそのあたりを見込んでいるのかもしれません。

fuji001を利用してフォトブックを作成しました。

自分で作って大正解でした

実際に自分で作ったフォトブックがこちらです。
実際に結婚式で出したときの写真ですが、ハードカバーのしっかりした作りになっていて場違いな感じではありませんでした。

P3166986

今日のまとめ

前撮り写真のアルバムを作るなら、スタジオのオプションは必要ありません。
今回、自分でフォトブックを作ってみましたが全く問題ありませんでした。

フォトブックをハードカバーで作ることが出来るフジフイルムフォトブックは前撮り写真のフォトブックを作るのにうってつけのサービスと自信をもってオススメできます。

前撮りはPicmarryなどは全国から探してみると良いでしょう。
楽天カードも合わせて使えばポイントを貯められます。
結婚式は様々なところでお金がかかるのでうまく活用していきたいですね。

picmarry001.jpg