手を動かさずにラクラク操作!慣れてしまえば離れられないトラックボールの魅力を伝えたい

私はトラックボールが大好きです。
自宅のメイン機であるデスクトップはもちろんのことですが、サブ機Macbook、職場さえもトラックボールにしています。
会社の人にもオススメしているのですが、イマイチ普及しない…ということでトラックボールの魅力をアピールしてみます。

商品情報

トラックボールを初めて使うという人にオススメなのがLogicoolのM570tです。
比較的安いですし形状や大きさがマウスに近いので比較的、簡単に慣れることができます。

そもそもトラックボールとは?

トラックボールは、マウスなどと同様にコンピュータの操作に用いるポインティングデバイスの一種です。
マウスの場合はマウス本体を持って動かし、その移動量によってカーソルも動いていきます。
感度の設定次第にもよりますが基本的にはマウスを動かした幅がそのままカーソルの移動量となります。

一方、トラックボールの操作は、マウスのように装置そのものを持って動かすのではなく、指先や手のひら(機種によっては足にも対応)を使ってボールだけをその場で回転させることで行います。
下の写真でいうところの青い玉の部分を回すことによってその移動量が決まります。
回すボールがどこにあるかは製品次第ですがM570tの場合は親指で動かすことになります。

IMG_201612_11_00002_R

他にも人差し指で操作するタイプもあります。
親指タイプと比べてカーソルを大きく操作しやすいですが、左クリックが親指になるため、マウスに慣れた人は慣れるまでに、時間がかかるかもしれません。

ココが素敵だよ!トラックボール

いつも同じ場所において操作ができ、作業効率が向上

マウスのように手を動かす必要がないのでいつも同じ場所においておくことができます。
設置場所さえ決めてしまえば、いつも同じ手の位置で操作をすることが出来ます。
必ず同じ位置にポインティングデバイスがあることで、作業効率がグンとあがります。

狭いスペースでも操作ができる

指先や手のひらだけで操作ができるので、狭いスペースでも操作ができます。

マウスの場合は置くこととが出来たとしても前後左右にスペースを必要としますが、トラックボールなら置くことさえできればOKです。
M570tにいたっては無線なので最悪、膝の上でも操作ができます。
いつでもどこでも変わらない操作感を得ることができます。

他の人からPCを貸してと言われなくなる

他の人はトラックボールを使い慣れていません。
そのため、「ちょっとPC貸して」と言われてパソコンを貸す機会が圧倒的に減ります。
私も何回か貸したことがありますがトラックボールを使い慣れていない人からは2回目以降も貸してほしいと言われることはほとんどありません。
自分の作業を邪魔されたくない人や見られなくないファイルを持っている人にもオススメです。

ここが不便だよ!トラックボール

とはいえトラックボールが完全にマウスより優位というわけでもありません。
逆にトラックボールで不便だと思うこともご紹介します。

慣れるまで時間がかかる

一般的にはパソコンで使うポインティングデバイスといえばマウスです。
その操作感に慣れてしまっているとやはり最初は慣れるまでに時間がかかってしまいます。
そこでイヤになってしまったり、人のをちょっと借りたときに「使いづらいな…」と感じてしまうことでやや導入のハードルが上がってしまうこともあるでしょう。

マウスと比較して大きい

トラックボールはマウスと比較すると比較的大きいものが多いです。

小さいことこそがウリというときにはトラックボールは不利と言わざるを得ません。
出張などノートパソコンがメインで持ち歩きが多い人にはマウスのほうが向いていると言えるでしょう。

今日のまとめ

どこでもトラックボールを使っている私が考えるメリット・デメリットをご紹介しました。
いくつかデメリットがありますが、基本的には導入の部分だけが問題です。
一度慣れてしまえばトラックボールをやめることはできなくなってしまうでしょう。
ぜひ一度この便利さを体験してみてください!