[S] 佐嘉平川屋の「温泉湯豆腐」を取り寄せてみました

おとりよせ王子の1巻で紹介されていた佐嘉平川屋の「温泉湯豆腐」を

取り寄せてみました。

[S] おとりよせ王子1巻のお取寄せ品まとめ

2016.08.12

商品情報

今回取り寄せたのはこちらの温泉湯豆腐です。HPでは下のような案内がされています。

嬉野温泉の名物湯豆腐。調理水で豆腐をコトコト煮込むと、煮汁が豆乳色に変わり、とろとろの豆腐に仕上がります。食感と味わいは絶品です。

他にも佐嘉おぼろや濃い豆腐(豆乳濃度17%)という特徴的な豆腐が売られています。

M05S0238_R

 

開封の儀

取り寄せたので開けてみました。

このように豆腐が3つと調理用の温泉水。そしてゴマダレと薬味がついています。

豆腐は1週間ぐらいは賞味期限あるようです。

M05S0251_R

こちらが専用ゴマダレ。

M05S0256_R

 

食べてみました

まず豆腐を適当な大きさに切って、鍋に入れます。

そして温泉水を鍋に入れてまずは強火にかけます。

M05S0254_R

鍋が白く濁ってきたら弱火に変えて更に火にかけます。

M05S0259_R

豆腐がとろとろになってきたら食べどきです。

火にかけすぎると溶けてしまうのでいい感じのタイミングで食べちゃいましょう。

M05S0267_R

専用のゴマダレにつけて食べたり、ポン酢につけて食べます。

私はどちらかというゴマダレ派でした。

M05S0269_R

オススメポイント

  • とろとろの豆腐は非常に美味しいです。これだけでも一食の価値あり。
  • 豆腐なのでヘルシー。
  • 雑炊にするとまた違った味わいが楽しめます。(写真的にはいまいちなので割愛。)

イマイチポイント

  • 送料が高い。内地でも1080円かかります。クール便で来るということを加味しても気軽に頼もうって気持ちにはなりづらいです。
  • ゴマダレの味が段々飽きてくる。お酒っぽい味が強いのでもうちょっと胡麻の風味が強い方が良いかも。

今日のまとめ

おとりよせ王子でもある通り1人で食べるにはちょっと大変ですが、

温泉湯豆腐は目にも楽しいし食べても美味しいオススメの一品です。

2人以上であればサイズがいくつかあるので好きなサイズを選んでみてください。