自席でジャケットを脱いでもシワにならない!チェアハンガー「服の神」

オフィスで働いていると、場所によって空調が強かったり、弱かったりと自分の適温ではないことがありますよね。
暑いときにはジャケットを脱いで仕事をしますが、座席の近くにハンガー掛けがないときがあります。

短い時間であれば椅子に引っ掛けておくのも良いですが数時間もかけっぱなしにしていると形が崩れてしまいます。
背もたれによりかかったときに首周りのところを潰してしまいそうなのでそれも気になります。

そういうときに役に立ってくれるのがチェアハンガーです。

商品情報

私も、自席の近くにハンガーがなかったのでチェアハンガーを買ってみました。
1500円前後で購入可能ということでお手軽に試すことができるのも魅力ですね。

開封の儀

届いたので開けてみます。
正方形に近いような箱に入っています。

こちらが箱の裏面。
組み立て方が書いてあります。

こちらが取り出してみたところです。

そして袋から出してみたところです。
入っているのコレだけです。
説明も箱の裏面しかありません。

とは言っても設置は簡単でフックの部分を椅子にひっかけるだけです。
あとは左右にアームを伸ばせば完成です。

こちらが裏側から見たところです。

ジャケットをかけてみるとこうなります。
背もたれの部分にスーツがかからないですし、ハンガーになっているのでジャケットの形が保たれています。
安心して座ることができますね。

後ろから撮るとこのようになっています。
座面を一番下にしてもジャケットの裾は地面に触れません。

使用感

フック部分は背中に当たらないので気にならない

購入前はフック部分が背中にあたったりして気になるんじゃないかなと思っていたのですがそんなことはありませんでした。
後ろに寄っかかったときに少しあたる程度ですがそれも気になるほどではありません。
そもそもちゃんと座っていればフックの部分は背中には当たらないのでほとんど影響はないと見て良いでしょう。

ほぼ全てのジャケットは地につかないので安心

私の身長が180cmぐらいでジャケットもそれに合わせて作っています。
写真で見ていただければわかるようにそれでもジャケットは地につかないようになっています。
ちょっと左右にずれたら触れちゃうかもしれませんがちゃんとかかっている内は全く問題ないでしょう。

さすがにコートはかけられない

さすがに冬にコートをかけようとするのは無理があります。
ジャケットとか事務所用のセーターなどを置いておくと良いでしょう。

近くにジャケットがあると安心

私はジャケットに定期を入れてたりするので近くにジャケットがあると安心です。
同じ事務所の人を疑うわけではないですが無くなったときに同僚を疑いたくもないのでそういう意味でも良いですね。

アームが簡単に動くのでぶつからないように注意

アームが簡単に動いてしまうのでちょっと押してしまうとアームが引っ込んでしまいます。
ぶつからないように注意した方が良いですが、そこまで気になるほどではありません。

今日のまとめ

これで背もたれに体重をかけてもジャケットにシワが寄らないようになりました。
設置というほどのこともなくすぐに取り付けることができますし、取り付け部分は意外と気にならずに使えます。
オフィスで仕事している人にオススメです。