少人数での揚げ物にオススメ!コンパクトフライヤー EP-4694PW

揚げ物は美味しいですが、自宅でやろうとすると面倒だなと感じたりしませんか?

「油の温度はいま、何度ぐらいになってるかな…」
「使い終わった後の油の処理はどうしよう…」

など揚げ物をやると気にしなくてはいけないことが多いのが原因かなと感じています。
ましてや一人暮らしや少人数で揚げ物をやるとなると、面倒臭さは倍増です。
そんなときに使いたいのがTWINBIRD製のコンパクトフライヤー EP-4694PWです。

これを使うと、簡単に揚げ物をすることができるようになります。

商品情報

今回購入したのはコチラのTWINBIRD製のコンパクトフライヤー EP-4694PWです。

一緒に購入したいのがこちらのオイルポットです。
これがあれば油をこすことができるので再利用することができます。
私が購入したのはパナソニックの「レッツフライ」という製品だったのですがすでに販売終了となっているので代わりに貝印の製品をご紹介します。

開封の儀

と言うわけで届いたので早速開封です。

蓋をあけるとこのような炊飯器のような形状となっています。
下の方に見えるのが油の温度設定のレバーです。
こちらで温度調整をすることができます。

取扱説明書は製品に添付されていますが、こちらからもダウンロードすることができます。

使用感

メリット

電気で動くので温度管理が簡単

EP-4694PWは温度計もないし、一定の温度をキープするのが面倒という人にうってつけです。

温度管理は本体にあるレバーを動かすだけで変えることができますし、温度が上がりすぎたり、下がりすぎたりすることがありません。
本体自体がコンパクトなので揚げるものを入れれば多少、温度は下がりますが、すぐにもとの温度に戻ります。

また電気で動くということはコンロを1口開けることができるので1口しかコンロがないという家でも使いやすいでしょう。

少ない油でOK

1回の調理で使う油はわずか0.5Lです。
フライパンのように広がりがなく、深さがあるため少ない量でもしっかりと揚げることができます。
油をむだにしないから経済的ですね。

デメリット

たくさんの量を揚げようとすると時間がかかる

コンパクトフライヤーなので当然ですが、小さめの作りとなっています。
具体的には、唐揚げを揚げようとすると一度に2個か多くても3個ぐらいまでしか揚げることはできません。
4個はスペース的にも厳しいですし、油の温度が下がってしまうのであまりオススメできません。

そのため、鶏もも肉数枚分の唐揚げをあげようとすると時間がかかってしまいます。

実際に唐揚げを作ってみました

まずはサラダ油を内側の線まで入れます。

事前に作っておいた鶏もも肉を入れていきます。
この写真でも3個を同時に揚げています。

しばらく揚げています。
その間に、他の鶏もも肉に小麦粉をつけておいて順次揚げていきます。

出来上がったのがコチラです。
やはり揚げたては美味しいですね。

そして使い終わった油はPanasonic製の油クリーナー「レッツフライ」を使って濾過します。
カートリッジとペーパーフィルターを使って油をこします。

というわけで早速油をこして放置します。

濾し終わった油がコチラです。
1回目の油なのでキレイな状態ですね。

今日のまとめ

というわけでフライヤーと油クリーナーを使ってみました。
EP-4694PWはサラダ油が500mlまでしか入らないのでたくさんの揚げ物を一気に作ることは出来ません。

その代わり容量が少ない分油の温度が上がりやすいので少し待てばすぐにまた適温になるため連続して揚げ物をするのには良さそうです。
1人~2人ぐらいが使うにはちょうど良さそうです。
ぜひ、お家で揚げ物に挑戦してみてください。