個人でGitを使うなら「Bitbucket」がオススメ!無料でプライベートリポジトリを使えます

ファイルの内容を変更すると後でどこをどう変えたかわからなくなったりしませんか?
そのためにファイル名にその日の日付をつけてバックアップをとったりしていますがそうするファイル数が増えて管理がまた面倒になります。
そういうときに便利なのがバージョン管理ソフトです。

仕事などではSVNを使う機会が多い(とりわけVisualSVNはWindowsにも簡単にインストールできるので便利)のですがまだGit系は使ったことがないので使ってみることにしました。

GitといえばGitHubが有名ですがGitHubは基本的にリポジトリがオープンなのでソースを誰でも見ることができます。
プライベートなリポジトリをつくるには有料の会員にならねばならず個人で使うにはハードルがやや高いです。

そこで白羽の矢が立つのがBitbucketです。
Bitbucketはアトラシアンという会社が運営しているサービスで、商用プランと無料アカウントの両方を提供しています。
無料アカウントの場合、5 ユーザーまで使用することができ、プライベートなリポジトリを作成できるので個人で使うのには最適なサービスの1つといえます。

そこで今回は、このBitbucketに登録し、クライアントには同社が提供しているSourceTreeを使ってGitを利用することにします。

Bitbucketへの登録

まずはBitbucketに登録をします。
こちらからBitbucketにアクセスし、右上にあるGet Startedというボタンをクリックします。

Bitbucket001

次にアカウントを作成する画面に移ります。
まずはメールアドレスを入力してすると

Bitbucket002

次にパスワードを入力する欄が出てきますので2回入力します。

Bitbucket003

すると認証メールの送信案内が出てくるのでメールをチェックすると

Bitbucket004

このようなメールが届いているので「Verify my email address」をクリックします。

Bitbucket005

あとはBitbucketで使用するユーザ名を入力して続行を押せば

Bitbucket006

Bitbuketのダッシュボード画面に移ります。
これでBitbucketにGitのリポジトリを作成できるようになりました。

Bitbucket007

新規にリポジトリを作るにはダッシュボードの右下にあるリポジトリの作成か、左のメニューに有るリポジトリからリポジトリの作成をすることで作ることができます。

Bitbucket025

リポジトリの作成ができれば準備は完了です。
右上にあるURLはクライアントのインストール時に使用するのでどこかに控えておいてください。

SSLかHTTPSか選択することができますが、SSLだとSourceTreeから接続するときにエラーが出るかもしれません。
そのときはHTTPSにしてみてください。

Bitbucket026

SourceTreeの導入

次にSourceTreeをローカル(クライアント)にインストールしていきます。
こちらからダウンロードしてください。

Bitbucket008

ダウンロードするとこのような画面が出てきます。

Bitbucket009

Macの場合はアプリケーションにSourceTreeを移動させてください。

Bitbucket010

SourceTreeを起動するとこのような画面が出てきます。
ライセンスに同意して続けてください。

Bitbucket011

ログインを要求されるので、既存のアカウントを使用を選ぶと

Bitbucket012

このような画面が出てくるのでメールアドレスを入れた後にパスワードを入力します。

Bitbucket013

するとログインが出来るので続けるを選択します。

Bitbucket014

ここでユーザ名が出てこない場合は「接続アカウント」をクリックして

Bitbucket015

もう一度ログインをします。

Bitbucket016

アクセスを許可するというボタンをクリックします。

Bitbucket017

するとログインが完了してこのような画面が出てきます。
こちらがローカル側のフォルダです。

Bitbucket020

リモートのボタンを押すと先ほど登録したリポジトリが表示されます。
クローンのボタンをクリックすると

Bitbucket027

ローカル側でリポジトリをクローンしようとするので
さきほどBitbucketで控えておいたURLを入力し、保存先のパスにはローカルリポジトリの場所を指定します。
エラーがあるときはこの画像のように
「ソースパス、またはソースURLとして正しくありません」と表示されます。

Bitbucket028

正しく動いているときにはこちらの画像のように「これはGitリポジトリです。」と表示されます。

エラーが出る原因としてはSSLを登録できていないことが一番有力です。
もし解消できないようであればこちらのようにhttpsにしておけばうまくいく可能性が高いです。

Bitbucket029

ローカルリポジトリが作成されればこのような画面が出てきて完了です。

Bitbucket030

ローカルリポジトリ上のファイルが変更されるとこのように変更を検知してくれるようになります。

Bitbucket031

今日のまとめ

私はよくstyle.cssや.htaccessを修正したりするのでこのようなバージョン管理ができると非常に楽になります。
またAFFINGER4のように手動で修正版をアップロードするような場合にも有効ですよ。