楽天の株主優待の申込みはWEBから!案内は株主総会の資料と一緒に届きます

楽天の株主優待の案内が中々こないなと思っているうちに、株主総会の資料が届きました。
株主総会の前に株主優待がほしいなぁと考えていたのですが、株主優待の案内も一緒に入っていました。
楽天の株主優待は株主がWEBから申し込みをする必要があります。
本記事では楽天の株主優待の内容と申込みの方法についてご紹介します。

楽天の株主優待は株主総会の案内と一緒に届く

楽天の株主優待の権利確定日は12月末となっています。
年が明けても中々届かないので、いつ届くのかなと待っていたところ、株主総会の案内状と一緒に入って届きました。

株主総会の資料の一部という感じで入っていたので最初はまったく気づきませんでした。
間違えて捨てたらどうなるのか気になってしまいます。

Dsc00611 33244108862 o

株主優待は様々な内容

楽天で受けられる株主優待はどのようなものがあるか確認してみましょう。
内容は毎年少しずつ変わっているようです。

株主優待内容(2018年)
  • 合計2,800円相当の自社サービスクーポン
  • 楽天Koboでの電子書籍購入に対して「楽天スーパーポイント」を3倍増
  • 「楽天イーグルス」「ヴィッセル神戸」「FCバルセロナ」「ゴールデンステート・ウォリアーズ」グッズ(抽選)
  • 「楽天イーグルス」「ヴィッセル神戸」観戦チケットの優待価格販売
  • 楽天証券講座での自社株式(現物)購入手数料30%ポイント還元
  • オンライン取引ツール「マーケットスピード」利用料無料(1年間)

無料で口座開設

NISA(少額投資非課税制度)にも対応

株主優待の申し込みはWEBから

楽天の株主優待はWEBから申し込まないといけません。
さきほどの案内にあるIDとパスワードを入力します。

rakuten001.jpg

すると、今回受けられる株主優待の内容が表示されます。2017年(2016年末に権利確定)に受けられる優待は以下の8点です。

  1. 楽天市場 200円クーポン4枚
  2. 楽天トラベル 国内宿泊クーポン(2,000円相当)
  3. 楽天Kobo 対象期間中のコンテンツ購入に対しポイント+2%付与
  4. 楽天イーグルス 株主限定グッズ(抽選で5名)
  5. 楽天イーグルス 観戦チケット(優待価格)
  6. ヴィッセル神戸 株主限定グッズ(抽選で5名)
  7. ヴィッセル神戸 観戦チケット(優待価格)
  8. 楽天証券口座で株式購入手数料30%還元、マーケットスピード利用料1年間無料

私自身が興味があるのは最初と最後ですね。
楽天やヴィッセル神戸の限定グッズが5名限定なのでかなり入手何度が高そうです。
観戦チケットこそ優待価格での購入ではなく、抽選で5名ぐらいにプレゼントしてくれればいいのになと感じます。
優待の内容が微妙に渋いなーと感じるのは私だけでしょうか。

rakuten002.jpg

こちらが優待のスケジュールです。
優待によってスケジュールが違うので注意が必要です。

rakuten003.jpg rakuten004.jpg

そして申込みの画面です。
こちらからそれぞれ申し込んでいくことになります。
こちらは

  1. 楽天市場 200円クーポン4枚
  2. 楽天トラベル 国内宿泊クーポン(2,000円相当)
  3. 楽天Kobo 対象期間中のコンテンツ購入に対しポイント+2%付与

の申込みになります。

rakuten005.jpg

こちらが限定グッズの応募に移動する画面です。

rakuten006.jpg

こちらが観戦チケットの購入申し込みになります。

rakuten007.jpg

そしてこちらが、楽天証券の優待です。
これだけは申込不要です。

rakuten008.jpg

無料で口座開設

取引でポイントがたまります

クーポンの申込み

一番上にあった各種クーポンの申し込みです。
申し込むをクリックすると楽天のログイン画面に遷移します。
左上に優待専用サイトとなっているのが特徴的ですね。

rakuten009.jpg

ログインが完了すると楽天トラベルのクーポンをどちらにするか選ぶことが出来ます。
金額は同じですが内容が少しだけ違うのでどちらかを選んで確認画面へ進むをクリックします。

rakuten010.jpg

すると確認画面に移動するのでチェックボックスにチェックを入れていきます。

rakuten011.jpg

両方にチェックを入れて「申込む」をクリックすると

rakuten012.jpg

申込みが完了しました。
他の優待も同じように受けたいものを申し込んでいきます。

rakuten013.jpg

申込みが終わるとこのように「お申込み済み」となります。

rakuten014.jpg

ちなみに楽天証券については先ほども述べた通り、自動適用となり何もする必要はありません。

rakuten015.jpg

今日のまとめ

なんでこんなに個別に申し込みする必要があるのか悩ましい楽天の株主優待でした。
楽天証券と同じように自動適用になればいいのにと考えていたのですが楽天のIDは楽天証券と異なり、本人確認がされないから紐付けが出来ないのでしょうね。
そしてグッズやチケットは不要という人もいます。
私もチケットは購入する必要ないと考え申込みませんでした。

無料で口座開設

取引でポイントがたまります