お宮参りの初穂料の相場は?お宮参りで川越氷川神社に行ってきました

子どもが産まれてから100日前後になったのでお宮参りに行ってきました。
お宮参りの初穂料は、指定しているところもありますが金額の指定がないところもあるのでどれぐらい持っていけば良いのか悩んだりしますよね。
初穂料の金額相場は、一般的に5,000~10,000円くらいです。

お宮参りの初穂料の金額をホームページに掲載している神社もあるので、行く前に確認するようにしましょう。
今回、私が行ってきたのは埼玉県川越市にある氷川神社です。
こちらの神社は金額の指定がないところだったのでこちらで用意して持っていくことになりました。

お宮参りって何を着ていけばいいの?調べた内容と実際についてまとめました

2017.03.07

参拝した神社

今回行ってきたのは川越の氷川神社です。

住所:〒350-0052 埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話番号:049-224-0589

公共交通機関で行く場合には電車で川越駅まで行き、駅から出ているバスで「氷川神社前」で降りると行くことができます。
車で行く場合には目の前に駐車場があるので安心ですね。

神社内の様子

まず、こちらが入口です。
道路沿いなのでわかりやすいですね。
この道路の向かい側が駐車場になります。

DSC00541

入って右側には手水が用意されています。

DSC00528

お宮参りの申込みは社務所にて。事前予約はありません

左側には社務所があり、こちらでお宮参りの申込みを行います。
事前予約はなく、申込みを行ってから直近の開催を案内されます

30分間隔ぐらいで開催しているようです。
受付では両親の名前、住所、電話番号。それに子どもの名前と生年月日、納める初穂料の金額を記載します。
初穂料については金額の指定がありません。

また、のし袋に入れてきている場合はそのまま受け取ってくれますし、ない場合はのし袋が用意されています。

dsc00538_33171414481_o

祈祷はこちらで行います。
ただ、結婚式などが行われていると別の場所になるようです。

DSC00533

こちらはもう一方の入り口です。
さきほどの入り口から右側の方にあります。
神社からこの門を抜けていくと結婚式場である氷川会館があります。
埼玉県内では唯一の神社隣接の専門結婚式場ということです。

DSC00531

中に入っていくとこのようになっています。

DSC00532

こちらは護国神社という、西南戦争以降の川越出身の戦没英霊をおまつりしています。

DSC00535

お宮参り

お宮参りは私たち以外にもう1組いました。
大体、15分ほどで終わりますが、その間に子どもがぐずっても近くで立ったりして良いということです。
お宮参りという子どもがいつ泣くかわからないのを考慮してくれています。
中は撮影禁止とのことなので写真は撮れませんでした。

また、終わるとこのような一式をもらいます。
大きい絵馬もありましたがそちらはすぐにお願い事を書いて神社にかけてきました。
延寿箸やお札など一通り揃っています。

33262644606_126a744b01_o

今日のまとめ

お宮参りで持っていく初穂料は一般的に5,000~10,000円くらいが相場です。
神社によってはHPなどで掲載していたりするのでチェックするようにしましょう。

今回、行った川越の氷川神社は、公共の乗物を使って行くことができので行きやすい神社でした。
神社の隣の氷川会館ではカフェもあるので終わった後に一休みも出来ます。
神社内にもトイレはありますし、氷川会館内のトイレも利用できるので赤ちゃんの急な対応もやりやすいので安心していくことが出来るでしょう。

記念写真を撮りたいときはプロカメラマンが出張してくれるfotowaなどのサービスもあります。
fotowaは「指定の場所・時間で、イメージどおりに」お子さまやご家族の記念写真を出張で撮影してくれるので、記念写真も撮りたいという方は活用してみてはいかがでしょうか。