【レビュー】室内用トランポリン「FDTP-96」楽しみながら子どもの体幹を鍛える

子どもの身体能力を調べてみた結果、体幹の発達がやや弱いということがわかりました。
自宅で体幹を鍛えるにはどうしたら良いか調べてみた結果、トランポリンが有効です。
近くにトランポリンで遊べる施設があればよいのですが、あいにく自宅の近くにトランポリンが設置してある施設がありません。
そこでトランポリンを購入して自宅で遊ぶことにしました。
今回、購入したのは室内用トランポリン「FDTP–96」です。

eSPORTSオリジナル
¥7,680 (2019/07/24 03:01:35時点 Amazon調べ-詳細)

FDTP-96の外観と内容

トランポリンは直径96cmあるのでさすがに大きめなダンボールで届きました。
今回は、マットと手すり付きのモデルを購入したので手すり用の荷物もあります。

M05S4192

室内用トランポリン「FDTP–96」には、以下のセットが含まれています。

FDTP–96の同梱物
  1. トランポリン本体
  2. トランポリンカバー
  3. トランポリン脚*8
  4. 取扱説明書

M05S4204

FDTP-96のの組み立て方

まずはトランポリンの組み立て方についてご紹介します。
取扱説明書では大人2名での実施するよう記載されていますが、1人でも組み立てることは可能です。

STEP.1
トランポリンを広げる

まずはトランポリンを広げていきます。
ここの作業が1番危ないので、軍手を着用するなど可動部に指を挟まないように注意してください。
最初は4つ折りの状態です。

M05S4200

1回開くと2つ折りになります。

M05S4208

もう1度開けば、完全に開いた状態です。
この作業のときは指や脚が挟まるかもしれなません。
1人が片側を押さえた状態でもう1人が本体を押し広げるなどの役割分担で行うのがベストです。

M05S4210

STEP.2
広がった本体にカバーを被せる

広がった本体にカバーを被せます。
カバーに開いた穴を本体側のねじ山にあわせて一箇所ごとにかぶせます。

M05S4248

STEP.3
脚パーツを取り付ける

8カ所あるねじ山の保護キャップを取り外します。

M05S4214

8本の足パーツを時計回りに最後までしっかりとねじ込みます。

M05S4251

8箇所に差し込むとこのようになります。

M05S4256

注意
脚パーツはまっすぐに取り付けてください。無理にねじ込むとねじ山が破損する場合があります。
STEP.4
トランポリンを設置する

最後にトランポリンを裏返せば、完成です。
家庭用のトランポリンでは宙返りなどのアクロバットな動作をすることはできません。
垂直跳びやウォーキング、ツイストなどの運動をするようにしましょう。

M05S4259

トランポリン自体は9kgと大きさの割にかなり軽量です。
ただしトランポリン自体は軽くてもその上に人が乗ることになるので床に傷がつくのが気になる方は下にマットを引くと良いでしょう。

M05S4264

STEP.5
必要に応じて手すりをつける

FDTP–96はオプションとして手すりをつけることが可能です。
利用する子どもが小学校入学前ならば手すりがあった方がオススメです。
手すりがあった方が安心してジャンプしてくれます。

M05S4230

手すりは2本の脚パーツに追加で付け足していくイメージです。

M05S4243

使ってみてよかった点

子どもが全身運動をすることができる

トランポリンでジャンプするというのは、実は体全体を使った全身運動になります。
特に子どもにとっては、足の筋肉や体幹が良くなり体の使い方を覚えられるという効果が期待できます。
子供の運動神経は10歳位までに完成すると言われています。
上の子の体幹の発達が遅れ気味と言われたので自宅で手軽にできる運動で伸ばしていってほしいなと考えています。

大人も一緒に楽しめる安心の耐荷重100kg

FDTP–96の耐荷重は100kgと高重量まで耐えることができます。
そのため、大人と子どもで一緒にトランポリンで遊んで楽しむことも可能です。
垂直に飛ぶだけでも見た目には想像もつかないほどの運動量になるためダイエット効果も期待できます。
子どもと一緒に遊べる上にダイエットになるのはオトクですね。

eSPORTSオリジナル
¥7,680 (2019/07/24 03:01:35時点 Amazon調べ-詳細)

使ってみて気になった点

折りたたみだけど折りたたむのは手間

FDTP–96は、折りたたみが可能なトランポリンですが実際は折りたたむのが面倒です。
折りたたむときは組立時の逆の工程になるのですが8本の脚パーツを取り外すのが手間になります。
特に手すりをつけていると、そのまま持って移動するわけにもいかないので厄介です。

手すり用のパイプは締めすぎると脚パーツに傷がつく

手すり用のパイプは基本の脚パーツにさらにパイプをはめて固定していきます。
どれぐらい締め付ければいいのかわからずねじ込んでいったら脚パーツに傷がついてしまいました。
10円傷のような跡なので実用には問題ないですがいきなり傷がついたので残念な気持ちになりました。

今日のまとめ

室内用トランポリンの「FDTP–96」は折りたたみができるトランポリンです。
しかし折りたたみをするためには脚パーツを取り外す必要があるため、少し面倒くさい印象を受けます。
我が家では折り畳まずに使わないときは立てかけておくようにしました。
FDTP–96」は本体が9kgと軽量なので簡単に移動させることができます。
自宅でお手軽に全身運動ができるのがトランポリンの良いところ。
ダイエットにも良いので親子で楽しんでみてはいかでしょうか。

eSPORTSオリジナル
¥7,680 (2019/07/24 03:01:35時点 Amazon調べ-詳細)