注ぎ口も細くオシャレなラッセルホブスの「カフェケトル」を開封!

電気ケトルを書い直すということで注ぎ口が細いタイプの電気ケトルを比較しました。

商品情報

今回は、比較記事の中で候補に上げたラッセルホブスの「カフェケトル」のマットブラックのモデルを購入しました。
以前使っていたものと容量が同じなので使い勝手が良いことやデザインが魅力的です。

開封の儀

開封していきます。

マットブラックを購入したからか、箱も黒いんですね。
普通のステンレス版のカフェケトルだとどうなのかちょっと気になります。

DSC02362

箱を開けてみると、まず最初に説明書が目に入ってきます。

DSC02364

説明書の下には付属品類が入っています。

DSC02365

さらにその下にはカフェケトルの本体です。

DSC02369

取り出してみたところです。

dsc02374_35459665451_o

内側はステンレスになっています。

dsc02370_35459654361_o

注ぎ口はかなり細めですね。
コーヒー淹れる用のホーローなどと同じぐらいです。

DSC02371

こちらはケトル側面にあるランプです。
お湯が湧かしているときはこちらのランプが点灯します。

DSC02372

こちらが湯沸かしのスイッチです。
底面にあるんですね。

DSC02373

付属品

付属品は2つです。
1つはほぼ本体みたいなものですがフタです。
一般的なタイプだとフタが本体と一緒になっているのがメジャーですが、注ぎ口が細いタイプはどこの会社の製品もフタが分かれています。

DSC02367

こちらが給電スタンドです。
ケーブル長が1.3mあるので設置場所に困ることはなさそうです。

DSC02366

使用感

数日使ってみた感じとしてはかなり良いです。
注ぎ口が細いおかげでコーヒーを淹れるときにも少しずつお湯を注ぐことができます。

いままでの電気ケトルだとドバドバって感じでお湯が出てきたのであまり使えませんでいたがこれであれば問題なく使えます。
また、電気ケトルですので沸いたら止まってくれるオートオフ機能もあるのでスイッチ入れたら放っておけるのも楽ですね。
マットブラックなのでどんな家でも合うオシャレ感もいい感じです。

DSC02378

今日のまとめ

いかがだったでしょうか。
ラッセルホブスのカフェケトルは様々な面でバランスが取れており見た目的にも機能的にも中々良いというのが第一印象です。
しばらく使ってみたところレビューは以下でご紹介しています。