東芝のオーブンレンジ「ER-K3-W」は電子レンジの熱の通りにちょっと注意

一人暮らしのときから使っていたオーブンレンジが壊れました。
オーブンレンジは何かと重宝するので修理するか、買い直すしかないなと調べてみました。
流石に5年以上前に買ったオーブンレンジですし、家族も増えてきたので少しサイズも大きくしようということで買い直すことにしました。

今回は、東芝のオーブンレンジ「石窯ドーム ER-K3-W」を購入することにしました。

商品情報

今回のオーブンレンジは妻の希望でターンテーブルではなくフラットテーブルのモノから選ぶことにしました。
賃貸マンションだと引越しのことを考えるので大きなタイプを買うのはちょっと悩むんですよね。
こちらは17Lなので容量的にもちょうど良さそうかなと判断しました。

TWINBIRDのこちらのレンジと迷いましたがAmazonでもレビュー数が少なく低評価のレビューがあったので石窪ドームにすることにしました。

開封の儀

届きました。外装質量が13kg程度あるのでさすがに大きいですね。

M05S9223

こちらが開けてみたところ。
取り出すのは2人でやったほうが安心です。

M05S9226

レンジを取り出したところです。

M05S9230

中にも部品が入っているので取り出します。

M05S9242

入っているのは各皿と取扱説明書です。

M05S9246

早速設置しました。
取り付けは単純に電源コンセント差すのとアースだけなので一般的な方法です。

M05S9261

使用感

このオーブンレンジ買ってから数ヶ月経過しています。
以前使っていたオーブンレンジよりも加熱が強いのか、終わるときに結構熱くなっていることがあります。

オススメポイント

フラットテーブルなので中が広いです。
全体が真四角な構造なので掃除がし易くメンテナンス性は高いです。

オーブンとしてはターンテーブル式ではないので焼き上がりは均一になります。

イマイチポイント

一方、電子レンジとして使うときには熱の通り方にバラツキがあります。
大きめのモノを温めていると冷たいところと熱くなっているところがあり全体に熱を通そうとすると熱くなりすぎてしまう。

今日のまとめ

電子レンジで加熱ムラが出るのはフラットテーブルの特性というよりもER-K3-Wの特性と考えたほうが良いでしょう。
原理的にはターンテーブルとフラットテーブルの違いは加熱ムラ(マイクロ波の当たり方)の方法の違いで、フラットテーブルが必ずしも加熱ムラになるとは言えないからです。
コンビニにある電子レンジなんかもフラットテーブルですしね。
逆に回らない分、大きいものや四角いものを温めるときはフラットテーブルの方が加熱ムラがおきないという製品もあるので、このあたりの差が価格差に現れているのでしょう。
そう考えると値段なりの性能という評価ができそうです。

ターンテーブルでも良いのであればこのあたりは1万円前後で買えるのでお買い得ですよ。