HISのクレジットカード「SKYWALKERカード」ってオトクなの?

HISでクレジットカード払いをしようとすると必ず出てくる「Sky walkerカード」
以前はこのカードでないとHISは決済できないようでしたが最近では条件が緩和されています。
とは言っても普段遣いのカードとして便利でないと新しくカードを作ろうという気持ちにはなりづらいものです。
そこで、Sky walkerカードについて調べてみました。

SKYWALKERカードとは

Skywalkerカードは、旅行会社であるHISで利用すると、ポイント還元率がアップするクレジットカードです。
内容を確認してみるとオリコカードの派生ブランドのようです。

選べるブランドは

ブランドはMasterかVISAから選ぶことが出来ます。
JCBは選ぶことが出来ないので注意してください。

年会費

通常のSkywalkerCardは、初年度は無料です。
2年目以降は1,000円(税抜き)がかかりますが、前年度の年間利用金額が10万円以上であれば、次年度年会費は免除されます。

参考
SkywalkerGoldCardは年会費10,000円(税抜き)。
SKYBIZCardは300円/枚(税抜き)です。
いずれも初年度無料・年間利用金額による年会費免除の規定はありません。

ポイント還元率

ポイントとしてはオリコが提供しているポイント「暮らスマイル」を利用します。
1,000円利用で1スマイルになるので通常のポイント還元率は0.5%になります。
ちなみにオリジナルのオリコカード「Orico Card THE POINT」は1%なので少し低めです。

Hiscard001

付帯サービス

付帯サービスとしては以下のサービスが用意されています。
大体標準的なものが揃っています。

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外デスク
  • 24時間海外緊急ホットライン
  • 紛失・盗難補償

こちらは海外旅行傷害保険のページを開いたところです。
リンク先はすべてオリコのページになっているのでSkywalkerカードがどれにあてはまるのか悩ましいですが、通常のオリコカードに紐付けられていると考えられます。

hiscard004.jpg

特典

HISで支払いをするときはポイント還元率2.5%

HISで旅行の申込みや旅行用品を購入するときにSkywalkerカードを利用するときは2.5%となります。

hiscard002.jpg

「得タク」に乗ってポイントが貯められる

「得タク」ステッカーのついたタクシーに乗車し、SkywalkerCardで決済すると、1,000円につき4スマイルたまります。

エイチ・エス証券でもポイントがたまる

株式取引や投資信託、話題のFX取引や外国債券の購入でも、取引額に応じてポイントを獲得できます。

成田空港免税店で特別割引

成田空港のJAPANDUTYFREEでのお買い物をSkywalkerCardで支払いをすると、5%OFFで買い物ができます。

こういう人向け

これらの条件を総括するとこのような方に向いているカードと言えるでしょう。

  • 年に1回以上、HIS経由で旅行に行く人

HIS経由で旅行に行く人はポイント還元率が2.5%になることからオトクなカードとなります。
ただし、日常で利用する際には0.5%なので標準的な還元率と言えます。

こういう人には合わない

  • あまり旅行に行かない人
  • ポイント還元率を重視する人
  • 年会費を払いたくない人

逆にあまり旅行に行かない人にとって、Skywalkerカードは魅力がないカードになります。
特典や付帯サービスに特別な優位性がないのに加え、年会費がかかります。
そのため、その他の「年会費無料で高還元率のカード」に見劣りすることは否めません。
日常使いメインと考えるのであれば、楽天カードなど1%以上ある別のカードを用意する方が良いでしょう。

今日のまとめ

Skywalkerカードについて調べてみましたが、HIS経由で格安旅行に行く人にとってはメリットがありますが、そうでない人にとってはあえて1枚作るほどの魅力はなさそうです。

HISでクレジットカード払いをしたいときは店頭でコースだけ確認し、オンラインで予約をすることをオススメします。
2017年から、HISの店頭ではアメリカン・エキスプレスでしか決済ができませんが、オンラインであれば、まだVISAやMasterCardなど使うことができます。
詳細についてはこちらの記事で解説しています。

HISでクレジットカード決済が出来るお店の調べ方

2014.01.30