セルフカットはこれ1つでOK!こどもにも大人にも使えるバリカン「ER-GF80」

子どもの髪が伸びてきたときどうしてますか?
毎回美容院に行くのもなぁということでセルフカットでなんとか出来ないかと考えていました。

とは言っても、ハサミを使うと子どもが暴れて怪我させるのは怖いですよね。
そんなわけでいくつかバリカンを探してみたところ、良さそうだった「ER-GF80」を購入してみることにしました。

商品情報

今回、購入したのはパナソニックのバリカン「ER-GF80」です。

開封の儀

箱はこのような真四角の形状になっています。

M05S1001

箱を開けてみると、このように専用のケースに入っています。
全部のパーツがケースの中に収まるのと失くしづらくなるのでありがたいです。

M05S1002

専用ケースを開けてみると、このようにバリカンとアタッチメントが入っています。
こちらの一番右側に入っているのが本体です。
購入した段階では耳周り&ナチュラルアタッチメントというのがついています。

このアタッチメントでカットするのであれば、このまま使うことができます。

M05S1003

他のアタッチメントに交換するときは、付いているアタッチメントを上にスライドさせていくと、このように外すことができます。

M05S7764

そして、スライドアタッチメントを取り付けてみました。

M05S7765

付属品

付属しているアタッチメントは4種類(7つのアタッチメント)があります。

  1. 刈り高さアタッチメント(3・6mm用、9・12mm用、15・18mm用)
  2. スライドアタッチメント(20~40mm用、50~70mm用)
  3. 耳周り&ナチュラルアタッチメント
  4. スキ刈りアタッチメント

その他にオイルや掃除用ブラシ、テクニックブックなどが付いています。
「ER-GF80」はパナソニック製品の中でもアタッチメント数が多く、長めのショートカットから丸刈りまで幅広く対応しています。

使用感

子どもの髪をカット

早速、子どものカットで使ってみました。
今回はスライドアタッチメントの30mmぐらいでカットしました。
アタッチメントの部分で髪を浮かせてカットするので子どもには刃がまったく当たりません。
初めてのバリカンだったので子どもが少しイヤがりましたが問題なくカットすることが出来ました。

自分のセルフカットをしてみた

その勢いで自分のセルフカットもしてみました。
スライドアタッチメントの70mmを装着してやってみたところ、眉にかかるあたりで切ることが出来ました。
ぱっと見た感じでもバリカンでやったようには見えず自然な感じです。

このER-GF80は「ウォータースルー洗浄」という刃を外さずに洗える機能があるので風呂に入るときについでにカットすることが出来て楽でした。

ER-GF80を使って良かった3つのポイント

充電式である

なんといっても最大のメリットはこれです。
コンセントに繋いだまま使用することもできますが、充電した状態で使うときは40分使うことが出来ます。

充電式なので場所の制約を受けずにカットができ、子どもの散髪をベランダや風呂場でやることができます。

水洗いができる

ウォータースルー洗浄は防水ではないので過剰な信用は禁物ですが水洗いすることが出来ます。
上でも書いたとおり充電式なので風呂場に気軽に持ち込むことができます。

当然、水に沈めるような洗い方はできませんが、洗い流すことができるのでバリカンの刃の部分に髪が残らず清潔な状態で使うことができ、手入れが簡単です。

アタッチメントが豊富

ER-GF80には7個のアタッチメントがついています。

今回、子どものカットには1個のアタッチメントしか使っていませんが、付属のテクニックブックなどを見るとトップ、サイドなどで長さを使い分けることで、自然な仕上がりにすることが出来ます。

今日のまとめ

パナソニックのバリカン「ER-GF80」を購入してみました。
Amazonでmも星が4.5ぐらいある高評価な商品なだけあって様々なシーンに対応できるのでオススメです。

全部のアタッチメントを使うかはやや悩むところですが、アタッチメントが少ない下位製品を買ってちょうど良い長さがないと悩むよりは、「ER-GF80」1つで済ませてしまうほうが良さそうです。