新婚旅行「イタリア7泊9日」の旅を振り返り

新婚旅行でイタリアに行ってきました。二人とも海外旅行の経験が少なかったので、旅行代理店を使ってツアーで行くことにしました。
最初はフランスとイタリアの2国を周れるプランやドイツとフランスを周れるというプランもありましたが、あまりにも日程がカツカツになってしまうのでイタリアを7泊9日で周るプランに申し込みました。

本記事では旅行のプランの道中を写真を交えながらご紹介します。
今回は、HISを利用して旅行をしています。
トラブルなく旅を楽しむことができました。

ファッションとデザインの中心地「ミラノ」

飛行機で直行でも12時間ぐらいかかりました。
正直、結構辛かったです。

ミラノの空港に18時25分につき、その日はホテルに直行でした。

P3227304

翌日からがミラノ市内観光です。
最初に行ったのはスフォルツェスコ城

Photo

次にスカラ座

Photo

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世ガレリアです。

Photo

この辺はオシャレなカフェが並んでいたので、妻と入ってみました。
特別美味しいというわけではありませんでいたが雰囲気は抜群です。

Photo

ミラノのドゥオモです。
ドゥオモって固有名詞なのかと最初は思っていましたがイタリアでの街を代表する教会堂の事なので色々な街にあるんですね。

Photo

ミラノから移動してベローナです。
ちょっと古めかしい感じの作りが印象的です。
日本だとこういう街の残し方ってしているところが少ないのでかなり興味深かったです。

Photo

工事しようとして遺跡が見つかると、このように工事ができないそうです。

Photo

ここが定番のジュリエットの家です。
入り口には金色に輝くジュリエット像があります。
彼女の右胸に触れると、幸せが訪れる・恋愛が成就するというジンクスがあるそうで、みんなそこで写真撮影をしていたので右胸だけやたらピカピカでした。

Photo

水の都「ベネチア」

2日目はそのままベネチアまで移動です。
ベローナから124kmほど移動します。
着いたのは夕方でした。

Photo

翌日はベネチア市内観光です。
ドゥカーレ宮やサンマルコ広場などを見学。

Photo

ベネチアといったらやっぱりゴンドラですよね。
遊覧もしてきました。
今度は是非カーニバルのときに来てみたいものです。

Photo

花の都「フィレンツェ」

3日目はベネチアから260kmかけてフィレンツェまで移動します。
ミケランジェロ広場からは、フィレンツェの街並みが一望できます。
夕暮れ時は非常に美しい風景を見ることができます。

Photo

私は更に移動してピサの斜塔に行ってきました。
傾斜の原因は、地盤の土質が極めて不均質であることに起因しているそうで、何回か傾斜を是正する工事が行われているそうです。

Photo

フィレンツェではウフィツィ美術館やドゥオモ(花の聖母寺)などを見て回ります。

Photo

イタリアの首都「ローマ」

5日目はフィレンツェから286km移動してローマに向かいます。
途中でアグリツーリズモという農家風レストランに寄りました。
アグリツーリズモは、イタリア語ではAgriturismoと書き、Agri-=農業の、turismo=観光、という意味になります。

Photo

イタリア国内のアグリツーリズモは19,973カ所。
20州の中で一番多いのがトスカーナ州の4,074カ所で全体の約5分の1を占め、2位はトレンティーノ・アルト・アディジェ州の3,339カ所、3位はロンバルディア州の1,327カ所と続きます。

Photo

このような素材の味を活かした料理を楽しむことができます。

Photo

ローマ市内では定番のトレビの泉も行ってみました。
写真ではトリミングをしていますが、実際には泉全体にたくさんの人がいました。

Photo

その他にもコロッセオなどを見学します。

Photo

絶景と遺跡の街「ナポリ」

6日目は、カプリ島観光に行こうとしていたのですが、あいにく天候に恵まれずポンペイに行くことになりました。
79年8月24日の昼過ぎ、ヴェスヴィオ火山噴火による火砕流によって地中に埋もれたことで知られ、ユネスコの世界遺産に登録されています。
遺跡内の通りは、車道と歩道が区分されていたり、飛石状の横断歩道があるなど現在の造りと変わらないような設備があり、かなり発達していたことが感じ取れました。
そしてメチャクチャ広いです。
歩いてみて回りましたが、高低差もあり、かなり疲れました。

Photo

ヨーロッパで世界最小の国「バチカン市国」

7日目には、バチカン美術館やサン・ピエトロ大聖堂に行きました。
バチカンはローマ教皇庁によって統治されるカトリック教会と東方典礼カトリック教会の中心地、いわば「総本山」となります。
外国人観光客が入れる場所は、サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂、バチカン博物館周辺のみで、その他の場所は外国一般人立入禁止区域となっているそうです。

Photo

今日のまとめ

他にもたくさん写真を撮っていたのですが厳選してご紹介しました。
7泊9日でイタリアの有名所をぐるっと縦断することができましたが正直バタバタと回った感じがして、もっと落ち着いて回れたらなと感じる部分もありました。
一方で、HISのガイド付きツアーで安全にイタリアの名所を見ることができ満足したのも事実です。
今回、見ることができなかった「青の洞窟」などまだまだ興味深いところがたくさんあります。
人もとても感じが良く、ぜひまた行ってみたい国となりました。
イタリアにいくときは、飛行機の時間が長くなるので良いプランで行くことをオススメします。