Google Home miniを購入!セットアップ手順まとめ

Amazon EchoやGoogle Homeなどスマートスピーカーが続々と発売されています。
私も興味があったのですが、正直ちょっと高いと感じており

シュウ

無理に買う必要はないかな…
と考えていました。 そんな折、Amazon Echo DotやGoogle Home miniなど手に入れやすい価格帯のスマートスピーカーが発売されました。
これなら試してみようかなと比較してみた結果、自分の持っている音楽を聞くことができるようになるGoogle Homeの方が使い勝手が良さそうだと考え、Google Home Miniを購入してみることにしました。
この記事では開封からセットアップして実際に使えるようになるまでの流れを説明します。

商品情報

Google Home Miniは2つの色から選ぶことができます。
どのような部屋においても親和性が高そうな色ですね。
今回はチョーク(シルバー的な色)を買ってみることにしました。

開封の儀

こちらが箱の上部です。
立方体のような形になっています。 Dsc04760 25810852028 o 開けてみるとこのように本体が入っています。
このメッシュっぽいのは布みたいな質感なのかなと考えていたのですが意外と固かったです。 Dsc04766 25810853638 o 取り出してみました。
かなり小さいですね。 Dsc04767 38785083525 o こちらが箱に入っていたものを全て取り出したところです。
先ほどの本体以外には電源ケーブルと説明書しか入っていません。 Dsc04772 25810849628 o ケーブルの形状はmicroUSBになっています。 Dsc04776 25810850708 o こちらが本体を裏返しにしたところです。 Dsc04775 24814046347 o 電源ケーブルをこのように接続してコンセントに接続します。 Dsc04777 25810850918 o 電源ケーブルをコンセントに差し込めばこのように動き始めます。
実際に使えるようにするにはgoogle Homeというアプリから実行します。 アプリのダウンロード先はこちらです。
 
Dsc04779 25810851398 o Google Homeを直接タップしても操作が可能です。 Dsc04774 25810850218 o

セットアップ

アプリをインストールしたらセットアップをしていきます。
アプリを起動すると、このような画面が表示されます。
右下の「使ってみる」をタップします。 Screenshot 20180109 215331png 39594794021 o 24871166817 o 次に、関連付けるgoogleアカウントを選択します。 Screenshot 20180109 215349png 38886611494 o 24871168417 o 次は位置情報へのアクセスという項目です。
「次へ」を押すしかないので進んでいきます。 Screenshot 20180109 215357png 38886611484 o 39740554981 o ここまで行くとアプリからGoogle Homeを検知します。 Screenshot 20180109 215409png 24727248987 o 39740555851 o Google Homeに接続しているのでしばらく待ちます。 Screenshot 20180109 215425png 27817835589 o 24871173307 o 成功するとGoogle Homeから音がなります。
音が聞こえたら右下の「はい」をタップします。 Screenshot 20180109 215434png 25724661518 o 39740557361 o Google Homeの設置場所を選択します。
今回は自宅で使うので「ファミリールーム」を選択しました。 Screenshot 20180109 215446png 25724661758 o 39740557991 o 今度はGoogle Homeが接続するWi-Fiネットワークを選択します。 Screenshot 20180109 215457png 25724663108 o 24871177077 o スマートフォンで普段使っているWi-Fiだとこのような画面が表示され、Wi-Fiのパスワードを入力しなくても先に進めます。 Screenshot 20180109 215507png 39565732872 o 24871177947 o Google HomeがWi-Fiに接続し始めます。 Screenshot 20180109 215536png 25724663588 o 39740561111 o ここまで完了すると、次はスマートスピーカーのキモでもあるGoogleアシスタントの設定です。 Screenshot 20180109 215549png 25724665218 o 24871180197 o 次はVoice Matchという自分の声情報とアカウントの情報の関連付けを行います。 Screenshot 20180109 215622png 39594796931 o 24871181327 o 3回ほど「ねえ、Google」と呼びかけると声の情報を関連付けます。 Screenshot 20180109 215651png 24727252907 o 24871182587 o うまくいけば、このようにVoice Matchが完了します。 Screenshot 20180109 215717png 25724667068 o 39740564511 o 次に住所を入力します。
私は自宅の住所を登録しましたが、職場の情報を知りたいという方は職場の住所を入れるのも1つの手ですね。 Screenshot 20180109 215733png 24727253867 o 39740565301 o Google Homeに関する最新情報を受信するかの設定です。
右下の登録を押せば配信されるようになりますが、不要であれば左下のスキップで飛ばすことができます。 Screenshot 20180109 215808png 38698883895 o 39740566291 o 今まで設定した内容の確認画面です。
問題なければ続行をタップします。 Screenshot 20180109 215822png 25724668448 o 24871186277 o すると、設定が完了してGoogle Homeアプリの画面に移動します。
最初に青くなっている音楽プロバイダの選択をしましょう。
右下のリンクをタップします。 Screenshot 20180109 220137png 38698884515 o 24871186987 o すると、このように音楽プロバイダが表示されます。
Play MisicかSpotifyが選択可能です。
Play Musicは定期購入が必要ですとありますが、実際は無料でも利用可能です。 Spotifyに加入していないのであればPlay Musicがオススメです。 これでセットアップは完了です。 Screenshot 20180109 220146png 25724669508 o 24871187627 o

今日のまとめ

どう使うかあまり決めないまま買ってしまったので、まだまだ未知数の機能がたくさんあります。
今後、オススメの機能が見つかったらご紹介していく予定です。 Amazon EchoとGoogle Homeのどちらを購入するかは非常に迷いました。
今回、Google Homeを選んだ理由はPlay Musicと連携できるところにあります。
Play Musicは自分のパソコンにある音楽を5,000曲まで無料でアップロードすることができます。 好みではない曲もある4,000万曲よりも自分の好きな曲を選べるほうが良い!という人にはGoogle Homeがオススメです!