急な出張や旅行など外出先での使用に!コスパ抜群のヘアアイロン「MHS-2033-W」

私は普段自宅では大きめなヘアアイロンを使用しています。
髪の毛が癖っ毛なのもありますが、寝癖とかを直すのにも便利なので重宝しています。

ヘアアイロンは温度の調整が出来る機能や一回でアイロンをかけられる量が多いので基本的には大きい方が便利です。
反面、旅行や出張などのときに持ち歩くことができず、帰省のときなど不便に感じることも多々ありました。

そこで外出時に便利に使えるヘアアイロンを探していたところモッズヘアのMHS–2033が値段も安く、アイロンの温度も高くなる機種だったので購入してみました。

商品情報

今回、購入したのはこちらのモッズヘアのヘアアイロン「MHS–2033-W」です。
モッズヘアというと美容院とシャンプー系のイメージでしたが美容系の電化製品も扱っていたんですね。

購入にあたって重視したのは以下の点です。

  1. 持ち運びが容易な小型であること
  2. なるべく高温になること

「MHS–2033-W」はプレート幅は約20mmと小型でありながら200度まで温度が上がるという点が大きな強みです。

開封の儀

それでは開封してみます。

DSC04597

箱から取り出すと入っていたのは本体と取扱説明書のみ。
シンプルな構成ですね。

DSC04599

こちらが本体です。

DSC04601

アイロンの付け根のところに電源スイッチがあります。

DSC04616

本体を裏返しにすると、このようにロックのマークが描かれたスイッチがあります。

DSC04610

本体を閉じてロックボタンをスライドさせれば開かないようにロックすることができます。
持ち運びのときに便利ですね。

DSC04612

こちらがロックされている状態です。
ちょっと開こうとしてみましたが、しっかりロックされています。

DSC04613

早速使用してみました。
普段、家で使っている大型のものと比べると長さも幅も短いので一度あたりにアイロンをかけられる範囲が狭かったです。
一方で、温度はしっかり上がっているようでアイロンのかかり方は普段とほとんど変わりません。

DSC04618

ここがオススメ!

大型のヘアアイロンに匹敵する200度の高温出力

「MHS–2033-W」の最大の強みはこの高音出力が可能なことです。
小さいけれど出力も低いという機種はよくありますが、中途半端な140度〜160度ぐらいの温度だとアイロンがかかりきらないことがあります。
すると、何度も同じ場所にアイロンをかけることになってかえって髪を痛めてしまいます。
アイロンをかけるなら高温で一回のみ!
が、私のやり方なので小型でありながら200度まで上がるという点はオススメのポイントです。

価格も安くてコストパフォーマンスが良い

小型機で200度まで温度が上がるという機種でありながら価格は3,000円を下回る価格です。
2017年12月時点ではAmazonで2,900円弱で購入可能とコストパフォーマンスに優れています。

店頭でもよく販売されているので、急に必要になったときにも入手しやすいです。

ここが気になる…

いつから使用可能なのかがわからない

電源スイッチはありますし、ONにするとランプが点灯します。
このランプは通電時に光ってくれる機能ではありますが、温度が上がったときに何か変化があるというわけではありません。
約60秒で使える「クイックヒートアップ機能」を売りの1つにしているのですからその時点でランプの色が変わるとかそういう工夫がほしいところです。

日本国内での使用が前提

よく小型のヘアアイロンに搭載されている海外対応(100V〜240V)ではありません。
海外対応のヘアアイロンにすると、同じような機能でもそれだけで価格が上がります。
今回は海外旅行での使用を想定していないので海外対応は候補から外すことにしました。

ヘアアイロンなどの高出力の製品は変圧器を使っても海外で使用できない可能性が高いです。
海外での使用を想定している人は別のアイロンを買う方が良いでしょう。

一々考えるのが面倒だという方にはコードレスタイプもオススメです。

温度調節機能はない

最初にも少しふれましたが、「MHS–2033-W」には温度調整機能はありません。
大きめのヘアアイロンであれば持っている温度調整の機能がある少しずつ温度を変えるのはもちろん、小型機種によくある二段階調整(140度と180度など)もできません。

普段、私は200度ぐらいで使っていて変えることもほとんどないので温度調整については気になりませんでしたが、アイロンをかける部位や天候によって温度を変える人にとっては気になるポイントになるでしょう。

今日のまとめ

「MHS–2033-W」は他の機種によくある機能を思い切って廃止し、必要な機能のみに絞り込んだ製品と言えるでしょう。
廃止した機能分をコストカットした結果、3,000円を下回る価格で200度まで出力可能という驚異的なパフォーマンスを実現しています。

以下のような要件でヘアアイロンを探している方にはピッタリの商品です。

  1. 高温でアイロンをかけたい
  2. 移動先で使用するため小型が良い
  3. 国内での使用前提
Instagram
Facebook
Twitter
Feedly
SHARE