替えるのはまだ早い!Windows XPが入ったPCの活用法

 

まだまだ多くのユーザがいるWindows XPのサポートが2014年4月9日に終了してしまいます。
yahooでも記事に取り上げられていますがサポートが終了するって一体どうなるのかと言うと

それでは、サポート期間が終了すると一体なにが変わるのでしょうか。機械的な意味で「そのまま使い続けられるのか」と聞かれれば答えは「イエス」です。 PCが起動しなくなったり、今までの機能が使えなくなるようなことはありません。しかしここで一番重要なのが、セキュリティ強度が大幅に低下することです。
普段あまり意識する機会はないと思いますが、サポート期間中はWindows Updateの更新プログラムによって不具合対応やセキュリティ関連の更新が行われています。新たに発見されたセキュリティホールや脆弱性などを継続的な更新でカバーし、ウイルスやクラッキングといった悪意のある攻撃からPCを保護するわけです。
この更新がなくなると、当然ながらOSのセキュリティホールや脆弱性はそのまま放置されることになります。家に例えるなら鍵の壊れたドアが増え続けるようなものですから、非常に危険な状態といえます。

やはりWindows XPをそのまま使い続けるというのは難しいということがわかります。
では私たちはどういう選択肢があるのでしょうか。
ざっくり言うと下記の3通りの方法があります。

  1. OSのバージョンを上げる
  2. PCを買い換える
  3. OSを入れ替える

 

OSのバージョンを上げる

今、市場で販売されているWindows 7かWindows 8のOSを購入しアップグレードする方法です。
PCを買い直すよりは費用は抑えられますが購入するWindowsがそもそも使用しているPCに対応していない可能性があります(参考リンク)。また、仮にインストールできたとしてもWindows XPが入っていた頃のPCのスペックを考えるとアップグレードしても動作が遅くなってストレスを感じることにもなりそうです。

PCを買い換える

Windows XPのPCは思い出として記憶に残し新しいPCを購入します。身も蓋も無いですが確実です。
当然一番費用がかかる方法です。

OSを入れ替える

Windowsのサポートが切れてしまうのなら違うOS(Linux)にしてしまえばいいじゃない!という考えです。
Linuxの良い所はOS自体は無料で使用できるという点です。またWindowsと比較して動作が軽いOSもあるのでXPが入っていたPCでもストレスなく使用できることもあります。

そうだ、Linuxを使ってみよう

そんな訳で私もちょうどAspire one AOA150というWindows XP Homeが入っているネットブックがあったのでLinuxをインストールしてみました。かなり軽快に動作し、インターネットとメールをするぐらいであれば全く不自由しません。
ちなみにAspire one AOA150の大まかなスペックは下記の通りです。
CPU:Atom N270 1.6GHz/1コア
メモリ:1GB
HDD:120GB