Macでiso形式のDVDを再生する2つの方法

Macでiso形式のDVDを再生させたいなということで再生方法を調べてみました。
やり方としては2通りあります。

  1. Macのデフォルトのプレイヤーを使う
  2. 再生用のソフトウェアをインストールする

この記事ではそれぞれのやり方についてご紹介します。

Macの標準で再生する方法

まずはMacの標準機能で再生する方法です。
こちらのメリットは何といっても追加でソフトウェアをインストールする必要がない = インストールでストレージを使用しないという点です。
また、標準の機能を利用するためソフトウェアのセキュリティなどを気にする必要がない点も魅力です。

デメリットとしてはisoファイルをマウントして再生することになるため、1アクション操作が増えます。

Finderでisoファイルをマウントする

実はMacの標準機能でisoを再生するのは非常に簡単です。

まず、Finderでisoファイルを格納しているフォルダに移動して、isoファイルをダブルクリックします。

macdvd001.jpg

すると、isoファイルがマウントされて新しいウィンドウが開くとともにデバイスのところにDVDがマウントされているのが表示されます。

dvdmac002.jpg

Macで表示でインストールされているDVDプレイヤーを開く

次にLaunchpadを開きます。デフォルトでは「その他」の中に格納されています。

dvdmac003.jpg

その他の中にDVDプレーヤーというのが入っているのでこれをクリックして開くと

dvdmac004.jpg

DVDの再生が始まります。この画面上では灰色ですがちゃんと再生できます。
この方法だとisoファイルを一度マウントする必要がありますがMacの標準ソフトウェアでもDVDは再生することが可能です。

dvdmac005.jpg

再生用のソフトウェアをインストールする

もう1つの方法はMacに対応している再生用ソフトウェアをインストールする方法です。
こちらのメリットはisoなどのファイル形式のものを直接開くことが出来るため、操作が簡単になるということが挙げられます。
一方で、第三者が作成しているソフトウェアのため不審な動作を行うソフトウェアもあり、インストールするソフトウェアは慎重に選ぶ必要があります。

よくオススメされているのは5kplayerVLC media playerなどがあります。

5kplayerはインストールすると勝手に関連付けを変えてしまったり、関連付けを変更しても再度5kplayerを開くと関連付けが修正されるなどソフトウェアの挙動として好ましくない動きをします。
そこで今回は、VLCをインストールすることにしました。

VLCの使い方

まず、こちらのページからVLCをダウンロードします。
ダウンロードが完了したらdmgファイルを開いてVLCをインストールしてください。

dvdmac006.jpg

VLCのインストールが完了して起動するとこのような画面になります。

dvdmac007.jpg

「ファイル」→「ファイルを開く」で再生したいisoファイルを選択すると

dvdmac008.jpg

DVDのメインメニューに移動し、再生を開始することが出来ます。

dvdmac009.jpg

今日のまとめ

MacでDVDを再生する方法としてMacの標準で再生する方法と再生用ソフトウェアをインストールする方法をご紹介しました。
VLCはWindowsやLinux、Androidでも使用できるため、どのOSでも操作感が変わりません。
色々な環境で再生させることがあるという方に特にオススメです。