結婚式を挙げるならレストラン「ひらまつ」がイチオシ!オススメする3つの理由

結婚式を挙げないという家庭も増えているようで挙げる派と挙げない派がちょうど半分ずつぐらいになっているようです。
挙げない理由としてはお金がネックになっています。
確かに、結婚式を挙げようとすると300万円ぐらいの出費となるので非常に高額となるため、やるのを躊躇してしまうという気持ちもわかります。
結婚式は一生に一度(人によって数回)とやる回数に限りがあるので、プランナー側の優位となっている点が見受けられます。
例えば

  • クレジットカードで支払いできないところが多い
  • ドレスや装花などを提携のところを使わないといけない

など、他のサービス業では見ることのない様々な制約があるところがあります。
(個人的な所感としてはホテルウエディングでは特に多い印象。)

最近は仏滅だと安くなるプランや妊婦さんだと安くなるプランなど、需要を掘り起こすために色々な割引が出てきてはいますが、まだまだユーザー目線ではないかなと感じるところがありました。
そんな中、非常にユーザフレンドリーな結婚式を挙げることのできるレストラン「ひらまつ」と出会い、結婚式を挙げました。
そこで、この記事ではひらまつで結婚式を挙げる良さについてお伝えします。

結婚式のタイプは?

結婚式には大きく4つのタイプがあり、それぞれホテル、専門式場、レストラン、ゲストハウスがあります。
ひらまつはこの中のレストランに属する結婚式場となります。

それぞれ特徴があるのですが、このイメージがズレていると式場を選ぶのが非常に大変になるので、簡単におさらいです。
(参考:マイナビウエディング

結婚式の4つのタイプ

ホテル

結婚式といえばホテルというイメージはいまだに強いですよね。
宿泊、宴会、レストランなどの複合施設のため、施設設備が充実しているのが大きな特徴です(エレベーター、駐車場、バリアフリー、多機能トイレなど)。
また、テナントとして美容室や写真室などを持っておりすべてがホテルの中で完結しています。

メリット:知名度と格式がある、交通の便が良いなど
デメリット:費用が高い、他の組や後の組の式が同日に組まれているためバタバタするなど

専門式場

結婚式を専門に行うために造られた会場で、挙式会場や披露宴会場を同一施設内に併設しています。
日本庭園を有するような歴史的なところも多いです。
専門の式場なのでチャペルが豪華だったりと結婚式にこだわりがある人向けです。

メリット:本格的なチャペルや神殿での挙式ができる、打合せや衣装合わせを一箇所でできるなど
デメリット:他のゲストと鉢合わせることもある、場所が良くても設備がイマイチなことがあるなど

レストラン

ゲストに美味しい料理を食べてもらいたいならやっぱりレストラン。
通常はレストラン営業をしている店を貸切、結婚式を行います。
披露宴用の施設を持たないレストランは事前に調整が必要ですが、最近では婚礼を前提とした所もあります。
ひらまつは結婚式を行うことを前提としているレストランです。

メリット:料理が美味しい、貸切だからアットホーム など
デメリット:レストランによっては控室が小さいことがある など

ゲストハウス

ヨーロッパ邸宅のような一軒家を貸切するウエディングスタイルです。
ほとんど2000年代からの新しい会場タイプのため、カップルのニーズにマッチした施設設備がそろっているのが特徴です。

メリット:一軒家貸切のプライベート感がある、自由度の高い演出がかなうなど
デメリット:天候が悪いとガーデンウェディングができない、建物から建物への屋外での移動が多い場所もあるなど

ひらまつとは?

ひらまつがレストランウエディングだということはお伝えしましたが、そもそもひらまつってどんなところ?というのをご紹介します。
ひらまつは、1982年に「ひらまつ亭」というレストランから始まったレストランです。
2017年には東京を中心に35店舗を展開しており北は札幌、南は福岡にお店を構えています。
レストラン一覧はこちらから

どんな料理があるの?

ひらまつはお店によって提供している料理が異なってきますが、フランス料理とイタリア料理がメインになっています。
何店舗かはカフェのところもあります。

こちらの写真はひらまつグループのお店の1つ「アルジェントASO」で出している料理で、見学会に伺ったときに頂いたメイン料理です。
この写真だけでも既に美味しそうな雰囲気を感じますよね。

PA063543

ひらまつで結婚式を挙げるメリット

ひらまつはレストランなので料理が美味しいのは言うまでもありません。
それに加えて、その他にもひらまつで結婚式を挙げるメリットが3点あります。

持ち込み料が無料

結婚式場で提携している以外のところから席次表や装花を持ち込もうとすると持ち込み料が発生する結婚式場が多くあります。
しかし、ひらまつグループで結婚式をあげるときは持ち込み料はかかりません。
すべて無料で持ち込むことができます。

もちろんひらまつグループで用意しているアイテムを使用することも用意されています。
用意する時間がない人は提携のアイテムを使用することももちろん可能です。

選ぶことが出来るということが非常に強いですよね。
私はペーパー類、ドレス、装花すべて持ち込みました。

クレジットカードで支払いが出来る

いくら持ち込みをたくさんして費用を浮かせたとしても会場使用料や料理代金を積み重ねていくとそれなりの価格になるものです。
結婚式の費用、せっかく払うのであればクレジットカードで支払えればポイントがたくさん貯まるのに…と思いませんか?

ひらまつなら結婚式で発生する費用をクレジットカードで支払うことができます。
百万円単位の支払いに対してポイントがつくなんてスゴイですよね。

私は楽天カード で支払ったので多くのポイントを得ることができました。
楽天カードは比較的容易に作れますし、金額の上限も上げやすいのでオススメです。

結婚式を挙げた後もお得!メンバーズカードで生涯20%OFF

ひらまつグループで結婚式をあげるとメンバーズカードがもらえます。
これをもって食事に行くといつでも、生涯ひらまつでの食事が20%OFFになります。
結婚式をあげたレストランではなくすべてのひらまつグループで20%OFFになります。
レストランなので色々なところに食べに行きたくなりますね。

結婚式を挙げたところのアフターサービスとしては、リッツカールトンホテルなどで行っている宿泊料30%OFFなどが有名です。
ちなみにリッツカールトンは、結婚式をあげた場所だけなので注意してください。

実際のメンバーズカードがこちらです。

Dsc00266 32229092703 o

おすすめのひらまつ結婚式場

私は食事と式場見学で7箇所ひらまつのレストランを訪れました。
その中でも結婚式向けにオススメのレストランを3つご紹介します。

メゾン・ポール・ボキューズ

私が結婚式を挙げたレストランです。
フランス・リヨンの名店「ポール・ボキューズ」の伝統を引き継ぐレストランでフランス料理になります。
オススメのポイントとしてはホテルさながらのアール・ヌーヴォー調のバーとラウンジや、ティファニーのアンティークステンドグラスなど装飾がキレイなところとワンフロアで完結できるため移動が楽という点です。

DPP 155

こちらがメゾン・ポール・ボキューズのスペシャリテ「1975年にエリゼ宮にてV.G.E.に捧げたトリュフのスープ」です。
1975年にフランスの料理人として初めて「レジオン・ド・ヌール勲章」を受賞した際、時の大統領V.G.E(ヴァレリー・ジスカール・デスタン)氏に捧げたスープです。
この伝説のスープを飲むために世界中から多くの方がリヨンのレストランを訪れるという逸品。

P1136249

リストランテASO

リストランテASOは、ひらまつでも珍しいガーデンウェディングを挙げられるレストランです。
イタリア料理を提供しており色とりどりの料理を楽しむことが出来ます。

P9293482

こちらは見学会に伺ったときに頂いたスープです。
このような見た目にも華やかな料理を楽しめます。

P9293499

ICONIC

こちらのICONICはフランス料理のお店です。
新現代フランス料理という現代フランス料理の歴史や手法を大切にしつつ、時代に合わせ四季折々の食材を用いた日本の素晴らしい文化を感じさせる料理を楽しむことが出来ます。
こちら良いところはひらまつの中でも抜群に費用が安いのに料理が非常に美味しい点です。
コスパ重視の方にオススメ。

P8312878

今日のまとめ

ひらまつで結婚式を挙げる3つのメリットをご紹介しました。
ひらまつでの結婚式はスタッフの配慮も行き届いており、料理と同じように顧客目線に立った結婚式をあげることが出来ます。
会場も普通の結婚式場となんら遜色ありません。
メンバーズカードで生涯20%OFFになるので色々なひらまつに行く楽しみもできるので非常にオトクです。

とは言えホテルでの挙式がメジャーですし最初に思い浮かぶイメージはホテルかなと思います。
まずは、レストランに行って食事でもしてみると雰囲気をつかめて良いかもしれませんね。
食事の予約は一休.comレストランから行うことも出来ます。
式場の予約はマイナビウエディング楽天ウェディングからどうぞ。