iTunesのプレイリストが消えた時の復旧方法

iTunesのアップデートの画面が出てきたので、アップデートをして再起動をしたらプレイリストがなくなっていた!ということはありませんか?
アップデート以外何もしていないのにいきなりプレイリストが消えて焦りますよね。

オギシ
全部プレイリスト作りなおすの?

とガッカリするのはまだ早いです。
消えたプレイリストは復旧できるかもしれません。

この記事ではWindowsのiTunesでプレイリストが消えたときの復旧方法について解説します。

事象の確認

プレイリストが消えたとはどういうことか具体的に確認していきましょう。
iTunesを再度立ち上げた状態で、下の画面のように今まで作っていたプレイリストがなくなってしまった状態のことを指します。
私のように音楽のデータだけで70GBを超えている人にとっては致命的なエラーです。

ここで確認しておきたいのは消えているのはプレイリストだけで曲のデータは残っているか改めて確認をしてみてください。

標準の曲の保存場所は以下のとおりです。
C:¥Users¥[ユーザ名]¥Music¥iTunes¥iTunes Media

音楽データが残っている場合はライブラリのデータが壊れただけなので復旧可能かもしれません。

復旧の方法

まず、iTunesは終了させてください。
次に、「iTunes」フォルダ内にある「iTunes Library.itl」というファイルを探しましょう。

標準の保存場所は以下のとおりです。
C:¥Users¥[ユーザ名]¥Music¥iTunes

iTunesの設定を変えている場合にはそちらの保存先を探すようにしてください。

該当のフォルダにたどり着くと、このようなファイルが入っています。

次にこのフォルダ内にある「iTunes Library.itl」を削除します。
心配な人はデスクトップとかに避難させてください。

削除するとこのような状態になります。

次に今開いている「iTunes」フォルダにある「Previous iTunes Libraries」というフォルダを開きます。
すると下の画像のように「iTunes Library yyyy-mm-dd.itl」となっているファイルがあります。
その中で最新の日付のものをコピーしてください。

最初に開いた1つ上のフォルダ「iTunes」に移動して、先ほどコピーした「iTunes Library yyyy-mm-dd.itl」を貼り付けます。

コピーした「iTunes Library yyyy-mm-dd.itl」を「iTunes Library.itl」と名前を変更します。
これで作業は終了です。
iTunesを起動してみると

プレイリストが元に戻りました。
これで復旧作業は完了です。

今日のまとめ

アップデートしかしていないのにプレイリストが消えていたら焦りますよね。
今回、ご紹介した方法で復旧できるかもしれないので慌てずに対処してみてください。