Excelで「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」と開けない時の対処法

Excelを開こうとして
「プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました。」
と表示されて開かなかったことがありませんか?

今回はこのエラーが発生したときの対処法についてご紹介します。

事象の具体例

私は過去に作ったファイルを開こうとしてこの事象が発生しました。

具体的にどういうことかというと、このような既存のexcelのファイルをダブルクリックして開こうとします。

2015-01-25_220557

すると、こんなエラーメッセージが表示されてそのまま終了してしまうという事象です。

2015-01-25_220604

対処法

この記事を書いている当初は公開されていなかったと記憶していますが、今はMicrosoftで情報が公開されています。
今回、ご紹介するのはこの中にある最初の方法、DDEを無視するにあたります。

現象
Microsoft Excelでは次のエラーメッセージが表示されます。
このエラーは、Excel内部でいくつかのプロセスが実行されているため、Excel を終了できないことを示しています。

解決策
この問題を解決するには、必要に応じて、指定された順序で以下の方法を実行します。
方法 1: DDEを無視する
方法 2: User Experience Virtualization (UE-V) を修復する
方法 3: ファイルの関連付けをリセットする
方法 4: Office を修復する
方法 5: アドインをオフにする
方法 6: ハードウェア アクセラレータを無効にする
方法 7: 最新の更新プログラムをチェックしてインストールする

ちなみにDDEを無視するの手順はこのようになっています。

方法 1: DDE を無視する
これを行うには、次の手順を実行します。

  1. ファイルを選択 >オプション。
  2. 詳細設定を選択、[全般] セクションまで下にスクロールし、[全般] 領域には、ダイナミック データ エクスチェンジ (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] チェック ボックスをオフにします。
  3. 選択OK.

この問題は、Excel のオプションでは、[ダイナミック データ エクス チェンジ (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する] チェック ボックスがオンの場合に発生する可能性があります。

Windows エクスプローラーで Excel ブックをダブルクリックすると、Dynamic Data Exchange (DDE) のメッセージが Excel に送信されます。このメッセージにより、ユーザーがダブルクリックした Excel のブックが開かれます。

これだけだとよくわからないので実際の画面で説明していきます。
まず左上のWindowsのボタンを押して「Excelのオプション」をクリックします。

2015-01-25_220648

すると、このような画面になります。
「詳細設定」をクリックして「全般」の項目の中にある
「Dynamic Data Exchange(DDE)を使用する他のアプリケーションを無視する」
というチェックボックスを見つけてください。

2015-01-25_220705

このチェックボックスのチェックを外します。
チェックを外したらOKを押せば完了です。

2015-01-25_220712

今日のまとめ

うまく解決したでしょうか?
もし解決しない場合は、先ほどのMicrosoftで公開されている情報されている方法を順番に進めていき、解消するか試してみてください。