圧縮解凍ソフトインストール後にWindows標準で圧縮解凍する方法

Windowsのパスの長さ制限(MAX_PATH)である260文字を超えてしまうと解凍に失敗してしまうことがあります。
対応している解凍ソフトを入れるのも1つの手ですが、そのためにわざわざインストールするのもちょっと手間ですよね。
そこでこの記事では圧縮解凍ソフトをインストールした後にWindows標準の圧縮解凍機能で解凍する方法をご紹介します。

それってどんな時に必要なの?

普段使っていると

圧縮解凍ソフトをインストールしているならわざわざWindowsの機能使う必要ないんじゃない?

と思うかもしれませんが、たまにそういうのが必要な場合があります。
たとえば、JAVAの統合開発環境であるeclipseのプラグイン導入版である Pleiadesを使いたい時です。

Eclipseはディレクトリ階層が深いため、Windowsのパスの長さ制限(MAX_PATH)である260文字を超えてしまう場合があります。
解凍ソフトによってはエラーとなったり、エラーが発生しなくても、警告や無視が起こり、正常に解凍できない場合があります。
割とメジャーな圧縮解凍ソフトであるLhaplus、Lhacaなどでもパス長が長すぎると正常に解凍ができないのです。

対策

Pleiadesの配布先であるMergeDocでは

Windows エクスプローラー、7-Zip、WinRAR のみで正常に解凍・正常に動作することが確認されています。

とあるようにWindowsの標準機能あるいは対応されている解凍ソフトでの解凍が推奨されています。

対応済の圧縮解凍ソフトを使う

この方法で推奨されているのは7-zipやWinRARです。
以前は7-zipも未対応だったのですがどこかのバージョンアップで対応できるようになっているようです。
それぞれの配布先は以下の通りです。
個人的にはWinRARは体験版で表示されるのが好きではないのでフリーソフトである7-zipが好みですがこの辺は好き好きで。

Windowsの標準コマンドを使う

一度圧縮解凍ソフトをインストールしてしまうと関連付けされてしまいますのでそのままではWindows標準で実行することが出来ません。
かと言ってわざわざ1ファイルの解凍のためにインストール/アンインストールするのも…と言う時に使えるのがこの機能です。

まずコマンドプロンプトを立ち上げてZIPファイルがあるディレクトリまで移動します。
あるいはフォルダの上にマウスを動かしてShift+右クリックで「コマンドウィンドウでここを開く」でもOKです。
そこで以下のコマンドを入力します。

入力コマンド
explorer <zipファイル名>

コマンドが正常に実行されれば、エクスプローラがZIPファイルの中身を表示している状態で立ち上がります。
その後は「ファイルをすべて展開」をクリックして展開ウィザードを使うか、ZIPファイル内のファイルを展開したい場所にドラッグ&ドロップやコピーをすることで展開可能です。

今日のまとめ

普段から7-zipなどを使っていればあまり問題にならなそうですが、Lhaplusを使っているとこの問題に当たってしまうことがあります。
うまく解凍できなかった方は試してみてください。