ブログを1年間休まずに更新してわかったこと

昨年(2016年)の8月1日から意を決して連続更新をしようということで1年間記事を更新し続けてみました。

それまでもブログはやっていたのですが、仕事が忙しくなると全然更新しなくなってしまい、勢いがすぐなくなるということが続いていました。
そこで今回は一つ、気合を入れてやってみようということで1年間365日連続で更新してみたので、その感想をまとめました。

やってみてどうだったか?

毎日、更新し続けるというのは非常に辛かったです。
仕事が忙しくて終電後にタクシーで帰ってから記事を更新したこともありましたし、風邪で熱が出ていたときも更新したこともありました。
土日とかで記事のストックが作れているときは良いのですが、何もないときはホントつらかったですね。

PVは増えたのか?

このブログ自体も移転したり、ドメイン変えたりしているので正確な数字ではありませんが、1年前のPVと比べると、約7倍となりました。
元々、そんなにアクセスがあるとは言えないブログだったので成果としてはむしろ少ないかもしれません。
実際、後から始めたブロガーさんとかにあっさりPV抜かれたりしています。

絶対値で見ると上には上がいますが、少なくともやり続ければPVは増えるということは断言できそうです。

やってみて得られたものは?

続ける習慣をつけるということと、網羅性を意識できるようになりました。

色々なブログ本でも書かれていますが、始めた頃はやり続けないと意味がありません。
両方を同時に着手できれば良いですが、元々文章書くのに慣れてたりうまい人なら最初から網羅性のある記事を書けるのかもしれませんが、文章慣れしていないのであれば最初は短い記事でも良いから書くことを習慣づける方が良いのかなと感じています。

最初からマネタイズを意識しているのであれば短い記事があるとドメインの評価が上がりづらくなるのでその辺は悩みどころですね。
無料ブログ1つ作ってそこで練習してみても良いかもしれません。

いずれにせよ、大事なことは自分で決めた期間はやりきるべきです。
1年間続けようと始めたものの、書くのがツラくなってきて
「もう、半年は続けたし連続更新やめてもいいかな…」
というのはダメです。

書き続けていると段々、これじゃ内容足りないなというのもわかるようになってきて自然と量も増えてくるようになります。

反省点

反省点としては更新ありきになってしまったことでブログ内が荒れ放題になっていることです。

最初の頃は書くことに一生懸命でどう書くかをあんまり意識できていなかったのでブログ内でも記事の内容にだいぶばらつきができてしまいました。
ほとんど読まれていない記事も出てきてしまっています。
さらに重症なのは内部リンクがおろそかになっていることです。
こ他の記事とうまくリンクさせられるような記事もリンク付けされずに放置されているのでちゃんとパワーを発揮しきれていないような状態になっています。

いずれにせよ、当面の課題は読まれない記事の削除やリライト、内部リンクの整理など拡張ありきだったサイト内を整理していきたいと考えています。

今日のまとめ

これから連続更新を考えている人には「1年間もやり続ける必要はない!」ということは強く強調しておきたいです
1年間って区切りはいいですが本業やりながらだと不確定要素がありすぎてかなりシンドいです。
長くても半年でいいんじゃないかなというのが本音です。

あんまり収益化はできていないのでマネタイズについては多くは語れません。
ただ仕事として捉えるのであればそれ相応の労働時間が必要になるのはブログも同じですね。

反省点にも書いた通り、サイト内の整理を優先事項にするため連続更新は止めようと考えています。
なるべく更新にするのか、なにかしらのルールを決めるか(月水金など)はまだ未定ですがせっかく習慣として根付いてきているので続けていきたいですね。