イオンカードセレクトが到着。使えるようになるまでの手続きをまとめました

イオンカード(ダイエー優待付き)のクレジットカードが有効期限となったのでイオンカードとなりました。
前回の記事では普通のイオンカードになったのであればイオンカードセレクトに変更しようということで手続きをまとめました。
以前の記事でも触れましたがダイエー優待付きのイオンカードはセレクトに切り替えられなかったので今回のタイミングで切り替えました。

ダイエー優待がなくなって普通のイオンカードになったのでセレクトに切り替えてみました

2017.05.18

今回は、その後イオンカードセレクトを受け取ったので手続きをまとめました。

イオンカードセレクトの受取

イオンカードセレクトが届きました。
手続きを行ったのが18日なので10日ほどで届いたことになります。

以前の記事の中で運転免許証の有無をチェックするところがありました。
パスポートとか他の身分証明書だとどうなるのかなと疑問に感じていましたが、このイオンカードセレクトの場合は、運転免許証でしか確認することができませんでした。

DSC01793

光の加減で見えづらくなっていますが、裏面の一番上にある「利用可能な公的証書」という欄が運転免許証のみとなっています。
それ以外の身分証明書は顔写真付きでもダメなようです。

DSC01795

外の大きい封筒を開けると中にいつもクレジットカードが入っているような小さな封筒が出てきました。
中を開けてみるとよくあるクレジットカードの利用規約などが入っていました。

DSC01796

今回届いたカードがこちらです。
通常のイオンカードと異なる点としては、中央に「SELECT」という字が入っている点と、左下に「イオン銀行」という文字が入っていることです。

DSC01799

イオン銀行のログイン設定

イオン銀行は今まで口座を持っていなかったので新規に作成されました。
そこでインターネットバンキングの初回登録を行います。

まずはこちらのページにアクセスし、初回ログインをクリックします。

aeonbank001

次に「インターネットバンキング ログイン」というボタンをクリックします。

aeonbank002

するとこのような画面になるので契約者IDと初回ログインパスワードを入力します。
契約者IDは送られてきたカードについている「イオン銀行ダイレクト ご利用カード」に記載されています。
また、初回ログインパスワードについては申請時に記入していればその値、未記載であればキャッシュカードの暗証番号と同一の番号になります。

詳細については、こちらの取引内容についての項目の中にある記入欄「イオン銀行ダイレクト 初回ログインパスワード」の項目になります。

aeonbank003

次に確認番号の入力を行います。
さきほどの「イオン銀行ダイレクト ご利用カード」を見て該当する箇所の確認番号を入力し、「次へ」をクリックします。

aeonbank004

次に各種設定を行っていきます。
ログインパスワードや取引パスワードを入力します。

aeonbank005

さらに代表メールアドレスなどを設定。

aeonbank006

振込限度角の設定は任意になっているので必ずしも入力する必要はありません。

aeonbank007

さらに合言葉認証を設定します。
こちらは3つともすべて決める必要があります。

aeonbank008

さらに普段使っているPCであれば利用端末として登録するかを選択し、すべて入力が完了したら「この内容で登録」をクリックします。

aeonbank009

すると重要なお知らせというのが出てくるのでチェックボックスをクリックしていきます。

aeonbank010

ちなみにチェックを入れずとも先の画面に進んでいくことが可能ですが、イオン銀行ダイレクトにログインするごとに確認が表示されるのでまとめてチェックしたほうが楽でしょう。
ここで「次へ」をクリックすれば

aeonbank011

イオン銀行ダイレクトのメニュー画面に移動します。
これでイオン銀行の手続きは完了です。

aeonbank012

その他の設定

イオンスクエアメンバーの登録

クレジットカードの情報を管理するイオンスクエアメンバーへの登録も必要となります。
ただし、私のようにイオンカードからイオンカードセレクトに変更している場合は情報が引き継がれるので対応は不要です。

WAONの引き継ぎ

カードが変更となるのでWAONの引き継ぎが発生します。
具体的な操作は以前ご紹介したこちらの記事にまとめてあります。

今日のまとめ

イオンカードセレクトの手続きはこれで全て完了しました。
運転免許証を持っていれば郵送での手続きや写真を撮ってWEBで送信するなどの行為を必要とせず、配達員の人に運転免許証を見せるだけで手続きが完了するので楽でした。

イオンカードを持っているならばイオンカードセレクトにしたほうがポイントが2重取りできるのでオトクです。
ちなみに家族カードでWAONオートチャージを利用する場合は、クレジットチャージとなるので注意しましょう。