ダイエー優待がなくなって普通のイオンカードになったのでセレクトに切り替えてみました

イオンカードにはいくつか種類があり、日常でよく使うのであればイオンカードセレクトがオトクなカードです。
イオンカードセレクトはキャッシュカード+クレジットカード+電子マネーという3種類が1つになっていますが、このカードだけの大きな特徴があります。
通常、WAONにチャージをしてもチャージ分のポイントはつきませんが、イオンカードセレクトでチャージをするとその分のポイントも付与されます。

そのため、ポイント還元率が2倍の1%になって楽天カード並のポイント還元率となります。

以前からイオンカードセレクトにしたいとは考えていたのですが私が使っているのはイオンカード(ダイエー優待機能付き)というタイプでイオンカードセレクトへの切替対象外のカードでした。

元々はダイエーをよく使っていて、ダイエーの株を持ってたので合併時に作ったカードでした。
引越しをした後、イオンの利用率が高くなってきたので見直したいと考えながらもできない状況でした。

aeonbank003

こちらが元々使っていたダイエー優待機能付きのイオンカードです。
真ん中に「daiei」と書いてあるのが特徴です。

DSC01596-1

今回、更新になったので新しく来たイオンカードがこちら。
「daiei」の文字が消えていますね。

カード番号は同じでした。

DSC01597-1

問合せてみました

Daieiの優待期間については期限が決められていたので期限切れた後はどうなるんだろうなと気になっていたのですが実際このカードはどういう扱いになるんだろう?と気になったのでコールセンターに問合せてみました。

オギシ
ダイエー優待機能付きのカードが更新になったので新しいカードが届きました。
カードを確認したところ「daiei」の文字が消えていますがこのカードはどういう扱いになりますか?
コールセンター
「daiei」の優待は終了しておりますので、新しいカードは通常のイオンカードになります。
オギシ
ということは新しいカードだとイオンカードセレクトに切り替えられるということですか?
ダイエー優待付きのカードのときはできなかったはずですが。
コールセンター
左様でございます。
オギシ
切替はどのように行えばよいでしょうか?
コールセンター
こちらの電話で受付し後日、申込用紙を発送する方法とインターネットから申込み方法がございます。
オギシ
インターネットからやってみます。ありがとうございました。

コールセンターにも確認した結果、新しいカードは通常のイオンカード(ゴールド)の扱いになることが明らかとなりました。

イオンカードになったのであれば、イオンカードセレクトに申し込まない手はありません。
さっそくインターネットから手続きを行ってみました。

申込み

手続き方法の選択

まずこちらのページにアクセスし「イオンカードセレクトへのお切替手続きはこちら」というボタンをクリックします。

aeonbank001

するとイオンカードセレクトの入会手続きの画面に移動します。
ここからいくつかの入力を行っていきます。
まずは現在、イオンカードを所持しているか選択します。

aeonbank002

次にイオン銀行のキャッシュカードを持っているか選択します。

aeonbank004

次は居住地についての確認です。

aeonbank005

その他の事項

aeonbank006

外国人PEPsの確認です。

aeonbank007

そして運転免許証の所有状況についてという確認になります。

aeonbank008

こちらに書いてある通り、持っていないを選択すると郵送での手続きとなります。
パスポートとか他の身分証明書の場合はどうなるんでしょうね。

aeonbank009

持っているを選択するとそのまま次の画面に進んでいきます。

aeonbank010

入会の手続き

カード入会の手続き画面に移ります。

aeonbank011

画面を下の方にスクロールしていくと確認事項があるのでチェックを入れて
「手続き申込み」をクリックします。

aeonbank012

するとイオンスクエアメンバーのログインが必要になります。
元々イオンカードを持っている方であればIDは持っているはずなので入力していきます。

aeonbank013

本人情報の入力

ログインすると情報の入力に移っていきます。
先ほどのスクエアメンバで登録してある情報は事前に表示されます。

aeonbank014

この辺はほとんど手を動かさないで済みました。

aeonbank015

この辺りは入力が必要な項目です。

aeonbank016

最後まで入力したら次へ進むをクリックします。

aeonbank017

勤め先情報の入力

次は勤務先の情報の入力です。

aeonbank018

入力が終わったら「次へ進む」をクリックします。

aeonbank019

取引内容について

「Step3 その他必要項目」と「Step4 カード付帯サービス」が省略されて「Step5 お取引内容について」という入力になります。
イオンカードセレクトの場合は、チャージのときクレジットカードからではなく銀行から引き落とされていくことになります。

aeonbank020

こちらもすべてチェックしたら次へ進んでいきます。
一番下の項目は初回ログインのパスワードなので任意となっています。

aeonbank021

内容の確認

すべての入力が完了したので申込内容の確認です。

aeonbank022

「カードローンBIG申込書の送付」というのが希望しませんになっています。
ご紹介したとおり、今までの入力項目の中には存在しない項目です。
おそらく省略されたところにあり、希望しませんになっているのでしょう。
実際、何回か入力項目を変更して試してみましたが変わりませんでした。
居住地国に関する同意で同意するをチェックし、「手続き申込み」をクリックすれば
申込みは完了です。

aeonbank023

このような画面が表示されました。
後で確認したところメールが届いていました。
カードが発行された場合は2週間前後で登録の住所へカードが届きます。

aeonbank024

今日のまとめ

ダイエー優待機能付きのイオンカードは更新にともない、通常のイオンカードとなりました。
イオンカードセレクトならポイント還元率1%です。
イオンカードをよく使うのであればイオンカードセレクトにするほうがおトクに利用することが出来るのでコレを機に見直してみてはいかがでしょうか。