nanacoを無料で作る3つの方法まとめ

「nanaco」は、全国のセブン‐イレブンやイトーヨーカドー、西武・そごう、デニーズやビックカメラなどで使用できるセブン&アイ・ホールディングス発行の電子マネーです。

電子マネーといえば、suicaなどの交通系や楽天と提携しているEdy、イオングループのWAONなど多数の電子マネーがありますが発行手数料がかかることが多く、nanacoもご多分にもれず発行手数料が300円必要となります。

「電子マネーの発行にイチイチお金払うのはなぁ」とお考えの方、諦めることはありません。
nanacoは無料で発行する方法があるので3つの方法をご紹介します。

セブンイレブンで行っているキャンペーンを利用する

これは一番お手軽な方法です。
セブンイレブンでは不定期ではありますがnanacoを発行するときにポイントを還元するキャンペーンを行っています。
これを利用することで300ポイントの還元を受けると実質無料で作成することが出来ます。

キャンペーンが行われているかはこちらでチェックできます。

nanaco001.jpg

8のつく日(ハッピーデー)にイトーヨーカドーに行く

8のつく日(8日、18日、28日)はイトーヨーカドーでハッピーデーという様々な特典がある日があります。
その中でnanacoの発行手数料が無料になるキャンペーンも行われていて、現金1000円をチャージすると無料で作成することが出来ます。

nanaco002.jpg

店員さんに申込書をもらって、名前や住所を記入して、チャージ用の1000円を支払えば、簡単にnanacoカードが作成できます。
私もこの方法でnanacoを作りました。
近くのイトーヨーカドーはこちらから探すことができます。

nanaco003.jpg

セブンカード・プラスに申し込む

セブンカード・プラスにはnanacoと一体になっているカードがあります。
そちらに申し込むとnanacoが付いてきます。
イオン系列のWAON一体型のカードと同じ形式ですね。

※セブンカード・プラスは初年度は無料ですが2年目以降は500円(税込)かかります。
ただし、前年度クレジットショッピングお支払合計金額が5万円以上の場合は無料となるので計画的に利用する必要があります。

nanaco004.jpg

今日のまとめ

nanacoは他の電子マネーと異なり、税金や公共料金の支払いに使用できるという強烈なアドバンテージがあります。
持っていてもソンはないので無料のときに1枚作っておきましょう。

ちなみに「nanaco付クロネコメンバーズカード」というものでも無料で発行できますがクレジットチャージ利用時にカードのポイントが貯まらないのでこちらの方法はオススメしません。