MVNOでスマホが壊れたので端末設定(機種変更)をしました(mineo編)

スマホが壊れ、1年以上経過していてかつ保証サービスに入っていない状態では、機種変更をするしか無いという結論になったため、機種変更の手続きを行いました。

その後、3日経過し端末が届いたのでその後の手続きをまとめました。

故障した場合にどのような対応をすべきかはこちらの記事でまとめています。

MVNOでスマホが壊れたときの対処法(mineo編)

2017.02.19

機種変更の手続き

スマホ側の設定

今回、新しく手配した端末はau VoLTE対応SIMの端末です。

VoLTEの場合は、機種変更といいながら必ず新しいSIMが届きます。

そして、MNPと同じく回線変更の手続きを行う必要があります。

回線変更の手続きは必ず必要なわけではなくSIMを差し替えれば大丈夫な場合もあります。

どうやって判別すればよいかというとシンプルに、送られてきた端末にSIMカードがついていれば回線変更の手続きが必要、ついていない場合は、旧端末のSIMを抜いて指し直す必要があります。

SIMカードの交換について
前回使っていた端末と同じ大きさ(SIM,microSIM,nanoSIM)のSIMであれば基本的には交換は不要ですがau VoLTE対応SIM対応端末のときは必ずSIM交換が必要になります。
kaisen005.jpg

ということでまずは新しいSIMを端末にセットします。

まず箱を開封します。

DSC00268

説明書をどかすとこのように端末が入っているので端末を取り出します。

DSC00270

使うのはこちらの端末とSIMカードです。

DSC00271

端末の左側にあるこのキャップがSIMの挿入箇所ですのでこちらを開けます。

DSC00280

この白いトレイを取り出します。

DSC00273

取り出したところです。

指でひっかけて取り出します。

DSC00274

次にSIMカードを用意します。

今回の端末はnanoSIMですので一番小さいところを抜き出します。

ちなみにこのSIMの大きさに応じて切り抜くタイプがau voLTEタイプです。

DSC00275

こちらが取り出したところ。

DSC00276

これを先ほど取り出したトレイにセットして

DSC00277

端末に差し込みます。

これで端末側の設定は完了です。

DSC00278

オンライン(マイページ)からの設定

今回は回線切替手続きを行う必要があります。

まず、mineoのマイページにログインします。

ログインしたらこちらの「MNP転入切替/回線切替手続き」をクリックします。

kaisen000.jpg

するとこのように切替の画面に移ります。

年中無休ではありますが、受付時間が21時までなので注意してください。

kaisen001.jpg

画面の下の方に移動し、ICCID/製造番号の下4桁を入力して

kaisen002.jpg

これで回線切替の手続きは完了です。

この後30分ほど待ちます。

kaisen003.jpg

そして端末の電源を入れて初期設定を行い、111に電話をかけて切替完了の音声ガイダンスが流れれば完了です。

DSC00281

今日のまとめ

AuのvoLTEだと毎回、回線切替の手続きがあって面倒ですね。

端末がvoLTEかそうでないかは端末の紹介ページなどで載っています。

気になる人は端末を選ぶときにmineoのHPをチェックしてみてください。

kaisen006.jpg