[S] みずほマイレージクラブカードセゾンsuicaにチャージがしたい!

suica018
みずほ銀行のクレジットカード「みずほマイレージクラブカードセゾンsuica」は非常に便利です。
キャッシュカードになり、クレジットカードになり、Viewカードにもなります。そしてsuicaとしても使うことが出来るんです。
しかし、このsuicaとしての機能を使っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

何故suicaとして使われないのか

 

理由は簡単。何故ならこのクレジットカード、定期券としては利用出来ません。そしてオートチャージとは駅の改札に入るときに自動的にチャージされるサービスです。
つまり、定期券を利用している人は定期券でオートチャージ設定をしてしまうので使う機会がないのです。
わざわざオートチャージするためだけに入場料払う人もいないですし。

こんな風に使ってみるとどうか

街中では、クレジットカードは使えないけどsuicaは使えるとか、他の電子マネーは使えないけど交通系カードだけは使える等のお店はたくさんあります。
このカードの良いところは定期券でオートチャージのリンク設定をしつつ、カード自身もチャージ等suicaとして利用できることです。つまり2枚のsuicaに対してチャージが出来ます。
このサービスを利用するにはどういう使い方が良いのか、考えてみました。

移動の費用とその他の支払を分けたい

例えば会社で旅費精算をするので交通費は定期券で支払っている。だけど、その他の支払もsuicaでやりたい等、目的別にsuicaの支払を分けたいときには有効そうです。

suicaで支払った費用を家計簿ソフトに連携したい

以前はmoneyforward等のアプリではsuicaの明細は登録できませんでしたが、今は専用のICカードリーダアプリを使ってmoneyforwardに連携することが出来ます。
お店で支払ったお金を楽に管理するためにはsuicaから連携するのは良さそうです。

問題点

このように移動系のお金と支払系のお金の明細を分けるという目的の場合、suicaとしての機能は意味を持ちそうです。
しかし、この場合オートチャージ設定を利用することは難しいので別のチャージ方法が必要です。

解決策

解決策としては2案あります。
①駅でチャージする
②自宅でチャージできるようにする

自宅でチャージできるようにするには2つの条件が必要です。
①非接触ICカードリーダー/ライター(Pasori)を購入する
②suicaのインターネットサービスに加入する

非接触ICカードリーダー/ライターはUSB接続のものとBluetooth接続のものがありますが自宅で使う分にはUSB接続のもので十分です。
次回でsuicaインターネットサービスの申込について解説したいと思います。