大塚の炙りダイニング「ガブリス」!ランチで食べる「牛中落ち丼」

大塚駅から歩いて5分ほどのところにある炙りダイニング「ガブリス」でランチを食べてみました。
今回食べたのはディナータイムの人気メニュー「牛中落ち」をサラダ丼にアレンジした「牛中落ち丼」です。

場所・営業時間

住所:東京都豊島区南大塚3-41-8 トーシン南大塚ビル 1F
営業時間:【ランチ】11:30~14:00
     【ディナー】17:00~24:00(L.O.23:30)
       ※日曜・祝日はディナータイムのみの営業
定休日:月曜

ガブリスは炙りダイニングとなっており、いわゆる肉バルのようなお店になっています。
外観は目立つので見つけやすいです。

入口にはこのように看板が出ていたのでわかりやすいですね。

大塚駅から徒歩5分ほどのところにあります。
商店街からちょっと外れたところにあります。

店内の様子

店内はこのような木がベースの渋いお店です。
席数はテーブル16席、カウンター4席の合計20席です。

オギシ
ランチもよりも夜に行きたい感じのお店ですね!

夜のメニューにはモツの煮込みや炙り3種盛り、飲み物にワインなど肉に合いそうなメニューが充実しています。

メニュー(ランチ)

  • 牛ホホ肉のビーフカレー(スープ付き) 850円(数量限定)
  • 牛中おち丼(スープ付き) 950円
  • 豚のしょうが焼き定食 750円

注文・感想

今回頼んだのは「牛中落ち丼」です。

ランチではスープもついてきます。
中に入っているのはコーンですね。

牛中落ち丼はディナータイムの人気メニュー「牛中落ち」をサラダ丼にアレンジしたメニューです。
牛肉とレタス、そして千切りのキャベツにたまねぎ醤油の特製ダレがかかっています。

オギシ
お米の水分がちょっと多めです。
タレを吸っているからかも?

今日のまとめ

率直に言うと、お米の量がちょっと物足りないのとセットがスープだけなので全体的にはやや割高感が拭えません。
肉は火が通りながらもキレイな赤身を残しており良かったです。
次は夜に来てみたいですね。