電子タバコVAPEデビューにオススメ!「Aspire K4」

電子タバコのVAPEを始めました!
iQOSなどはいわゆる加熱式タバコと呼ばれるものですが、VAPEは電子タバコというジャンルです。
iQOSはタバコの葉を加熱させて蒸気を作り出し、その蒸気を吸って楽しみます。
タバコの葉を使っているのでニコチンが含まれています。

それに対して電子タバコというのはリキッドと呼ばれる液体を加熱して蒸気を作り、その蒸気を吸って楽しみます。
そのためニコチンが含まれていないというのが大きな違いとなります。

私はタバコを吸う習慣はないのですが、仕事でタバコ部屋に行くこともあります。
健康は気になるのでタバコを吸う気にはならなかったのですがニコチンが含まれていないVAPEであれば良さそうということで試してみることにしました。

商品情報

VAPEというのは電子タバコの1つのジャンルのようなものです。
最初、私はVAPEっていう製造品があるのかと思っていたのですがそうではありません。
その中で、EleafやJoyetech、Aspireなどの製造メーカーがあります。
サッカーで言うところのスパイクをadidasやPUMAが作っているというイメージでしょうか。

今回は、その中の1社であるAspireのK4という電子タバコを購入してみました。
K4のスターターキットに付属しているアトマイザーは抵抗値が0.27Ωとなっており、40〜55W程度の出力が可能です。
とは言ってもK4はボタンが1つしかなく、出力の調整機能はありません。
ざっくり50W前後で煙が出せるというふうに考えておくと良いでしょう。

開封の儀

このような細長い箱に入って届きました。

DSC04549

右側のカバーを開くと予備のコイルや充電ケーブルなどが付属されています。

DSC04554

こちらが全部取り出したところ。
その他に説明書などがついています。

DSC04557

サイズは22mm×58mmとなっていますが、思っていたよりも結構大きかったです。
縦のサイズで言うとiPhone 5sよりも更に大きいので小さいのが良い方はK3の方が良いかもしれません。

こちらが本体です。
下のカーボン調になっているところは電池です。
上部にはアトマイザーがセット済です。

DSC04560

アトマイザーを開けて中を見るとコイルがありました。

DSC04573

リキッドを注入

電子タバコを吸うにはリキッドを注入しなければなりません。
VAPEを購入するときに合わせてリキッドを購入すると良いでしょう。
コイルとアトマイザーのすき間のところにリキッドを入れていきます。

DSC04566

今回、購入したのは色々なサイトでも人気1位となっているSNOW FREAKSのメガマスカットです。

DSC04563

このようにリキッドを注入します。
初めて使うときにはこの状態にして10分以上放置する必要があります。
というのも中のコットン部分にリキッドが吸い込まれないとコイルが焼き付いてしまうからです。

DSC04572

実際に吸ってみると、マスカットの味とメンソールのスッとした味が口の中に広がります。
初心者向けのリキッドと言われているのも納得の味で、万人受けする味わいです。

併せて購入したい

電子タバコ用ケース

K4の持ち運び用にケースを購入しました。
梱包されていた箱を使ってもいいですが、充電ケーブルなどの余計なスペースもあるので別途購入しました。

このように比較的大きめなK4でもちゃんと入ります。

DSC04583

サブのアトマイザー

更にサブのアトマイザーを購入しました。
似たような味をずっと買っていれば問題ないですが、一度使うとどうしても味が混じってしまうので全く違う味のリキッドを使うように購入しました。

K4のスターターキットには黒のアトマイザーがついているのでシルバーを買っておけば色で違いがわかる点もオススメです。

このようにスターターと似たような箱で入って届きました。

DSC04584

箱を開けてみると、このようにアトマイザーと予備のコイル、それに4色のカフスとVAPEバンド1個が付いています。

DSC04589

今日のまとめ

タバコには全く縁がなかった私ですが、電子タバコデビューしてみました。
調べてみるとコーヒー味など色々な味があるようなので自分の好みのリキッドを探すのが楽しそうです。

実際に見てから購入を考えたいという人はVAPE STUDIOに行ってみると良いでしょう。
店舗情報はこちら。に掲載されています
渋谷や新宿など都内が中心ですが段々広がってきているようなので、近くにお店ができるかもしれませんね。