防滴・防塵、おサイフケータイ、指紋認証!何でもアリのスマホ「NuAns NEO」を開封!

オギシ
新しいスマホがほしい…

楽天モバイルに移ってから、約2年。
auから楽天モバイルに移るときに購入したhonor6 plusは5.5インチで電池持ちが良い(3600mA)機種でした。
便利に使っていましたが段々不便なところも目立ってきてそろそろスマホを買い替えたいと考えるようになりました。

特に気になっていたのは以下の点です。

  • おサイフケータイが使えない
  • 指紋認証が使えないので一々ロック解除が面倒
  • Androidのバージョンが4.4と古い

ついでに2年使ってきたので電池もヘタってきており、何回も落としたからかWifiを捕まえても速度が遅いなど気になる点が増えてきました。
そこで今の不満点を解消すべく新しいスマホを購入することにしました。

商品情報

今回、購入したのはこちらの「NuAns NEO[Reloaded]」です。
NuAns NEOは
「防滴・防塵」
「おサイフケータイ対応」
「指紋認証搭載」
と何でもアリの機能満載のスマホです。

iPhoneと同じぐらいの機能を持っていますが約半分の価格の49800円で購入することができます。

開封の儀

このように独特な形をした箱に入って届きました。

DSC04377

上下に蓋が付いていて抜き出すようになっています。

DSC04380

こちらの黒い中身の方が本体です。

DSC04382

取り出すとこのように3つの内容物が入っていました。

DSC04385

それぞれを取り出してみると以下の3つが入っていました。

  • 取扱説明書
  • 本体
  • USB-Cケーブル

箱が独特の形になっているので説明書が折れ曲がっていたのが気になります。
キレイに詰められないのであればもう少し一般的な形で良かったのではないでしょうか。

DSC04397

こちらが本体です。

DSC04399

こちらが裏面。
NuAnsは本体であるCOREとカバーに分かれています。
NuAnsの記事を見ているとCOREだけでは使えないように読み取れてしまうかもしれませんが、このようにベーシックカバーがついているのでCOREを購入するだけでも使い始めることができるようになっています。

DSC04401

セットアップ

次にセットアップをしていきます。

NuAns NEOの対応SIMカードはMicroSIM(nanoSIM)です。
Honor6 plusで使っていたのはMicroSIMなのでSIMカードは同じです。
楽天モバイル側への申告などもなくSIMカードを入れ替えるだけで使用できるようになります。

nanoSIMにも対応しており、アダプターが付属されているので安心してください。

SIMカードのセット

では、早速SIMをセットしていきましょう。
まずは、以前の端末からSIMカードを取り出します。

DSC04409

COREに装着されていたベーシックカバーを外します。

DSC04405

説明書に書いてあったクリーナーカードというのが見当たらなかったのでどこにあるのかなと思っていたら、本体に装着されていました。
こちらが外したところです。

このカードポケットには電子マネー付きのカードをセットすることができます。

DSC04406

右上のところにあるカバーを外します。
ここがカードのスロットです。
上がSIMカード、下がMicroSDカードのセット口です。

DSC04414

金属部分を左にずらすと、持ち上げることができます。

DSC04420

nanoSIM用のアダプターが入っています。

DSC04418

今回は、NanoSIMを使うので不要ですので外しておきます。

DSC04421

先ほど取り出しNanoSIMをセットします。

DSC04425

金属部分をおろして右にスライドさせるとこのように固定することができます。

DSC04428

MicroSDカードのセット

次にMicroSDカードをセットしてみます。
下のスロットをさきほどと同様、左にずらします。

DSC04417

次にMicroSDカードを置きます。

DSC04477

金属部分をおろして右にスライドすれば完了です。

DSC04479

両方のカードをセットし終わったらフタをセットすれば完了です。

DSC04429

NuAns NEOの起動

ここまできたら作業はほぼ完了です。
NuAns NEOを起動してみましょう。

電源ボタンは本体右横にあります。
長押しするとこのような起動画面が出てきます。

DSC04437

まずは言語の選択です。

DSC04439

次にSIMカードが検知されるのでAPNの設定をタップします。

DSC04441

すると、このようにAPNの設定が出てくるので自分の契約している会社を選択します。
楽天モバイルは一番下の方にありました。

DSC04443

その後は、無線LANの設定やGoogleへの設定などよくある設定が続きます。
NuAnsは指紋認証もついているので、ここで指紋の登録を行いました。
ちなみに指紋の登録は後でもできるので、ここでやる必要はありません。

DSC04454

指紋認証は再起動後1回目は使用できないので、その他の入力方法を設定します。

DSC04455

指紋を登録するとこのような画面が出てきます。

DSC04457

その他の設定が出てきますが必要に応じて実施してください。

DSC04459

ここまで完了すれば、このようにロック解除された画面が出てきます。
しかしまだ慌てて外に行ってはいけません。

DSC04460

このようにシステムアップデートが始まります。

DSC04464

詳細を開くと、このようにアップデートの内容が表示されます。
Wifiの不具合が修正されていたりセキュリティアップデートが含まれているので必ず実行しましょう。

DSC04466

OKを押すとダウンロードが始まります。

DSC04468

ダウンロードが完了するとインストールをするかという問合せが出てくるのでOKを押せばインストールが始まります。

アップデートは複数回訪れる
このシステムアップデートは、複数回実行されます。
私がNuAnsを購入したときには3回のアップデートを行うことになりました。
それぞれ約430M,約430M,約510Mほどのダウンロードを行っています。
かなり大容量の通信を行うので注意してください。
またシステムアップデート時には端末に充電が残っていないとアップデートができないという表示もされます。
目安としては50%を切るとアップデートができないように感じました。
充電しながらであれば実行可能なのでシステムアップデートはなるべく自宅で行うようにしましょう。

DSC04469

すべてのシステムアップデートが終了すれば、このように何のメッセージも出ていない状態でトップ画面が表示されるようになります。

DSC04461

使用感

まだ使い始めて1週間ほどですが非常に快適に使用することができています。
Amazonのレビューなどでは

「サービス(電話対応)が悪い」
「コンセプトは良いけれどGPS精度が低いなど改善点も多い」
「カメラの性能が悪い」

など気になるレビューもありました。
実際、私もそのレビューを見て買うのを躊躇していましたが、今のところ買ってよかったという思いのほうが強いです。
確かに以前の端末より画面が小さいのに大きさがあるなどやや気になる点もありますが、おサイフケータイが使えて(FeliCaが搭載)、指紋認証が使える防水・防塵のSIMフリー機は私の希望にピッタリとマッチする素晴らしいスマホです。

今日のまとめ

以前のスマホにはなかった
「おサイフケータイ(FeliCa搭載)」
「指紋認証が使える」
「SIMフリーで使用できるスマホ」

を求めてNuAns NEOにたどり着きました。
Macbookを使用している私としてはiPhoneにしようかと随分悩みましたがやはり端末の価格がネックで躊躇してしまいました。
たしかにNuAnsも約5万円と決して安い価格帯のスマホではありませんがそれでもiPhoneの半分ぐらいと考えると良いかなと感じました。
端末のスペック自体はミドル機級ですが便利な機能がたくさんついていて長く使える期待が持てるスマホです。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。